ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)は、ニキビ跡の赤みや赤ら顔ケアにも良いのは本当?

赤ら顔でお悩みの方は、とても多く、なんとかしたいと思われている方、多いようですね。

今までは、どのようなケアをしたら良いのかわからずにメイクで隠そうとしたり、何もできずに悩んでいたという方も多いかもしれませんが、今は「ウルウ」というスキンケアアイテムがあります。

とても人気があります。

口コミを見ても、効果の高さが伝わり、同じ悩みを持つ方の間で口コミから広がっていくのですね。

やはり、良い結果につながるものを使いたいですよね。

さて、ニキビ跡の赤ら顔にも効果があるかどうか知りたい方が最近多いという話を知りました。

私も赤ら顔では長年悩んでいますし、ニキビも繰り返しできて、ニキビ跡もいくつもあり、ニキビ跡の赤ら顔でも悩んでいます。

ニキビ跡というと脂性肌というイメージがあるかもしれませんが、乾燥肌とニキビ肌は、同じケアアイテムを使っても問題ないのか?ニキビが増えたりしないか?色々と考えてしまいますよね。

そこでニキビ跡の赤ら顔にもウルウは効果があるのか?に、ついて調べてみました。

そこで知ったことがあります。

それはニキビ肌は脂性肌ではなく乾燥肌という意外な事実です。

ニキビ肌はインナードライが一因だと言われているのだそうで、ニキビ肌と乾燥肌は関係ない、むしろ正反対のように思えまるので、その理由を見ていきたいと思います。

肌の乾燥の原因はセラミド不足です。

セラミドが、なんらかの原因で不足すると肌の水分は失われていき、乾燥します。

肌は乾燥が始まると、角質を厚くして肌自身を守ろうとします。

お肌がごわつく感じがあったら、それは肌トラブルが出ていると思って良いと思います。

毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができてしまいます。

更に角質層が厚くなると、肌サイクルは乱れていきます。

セラミド不足でニキビができやすくなり、ニキビ跡も消えにくくなるという悪循環に陥ります。

そこで「ウルウ」です。

ウルウは浸透型セラミドが入っており、肌浸透にこだわっているので、角質が厚くなった肌にもしっかり浸透します。

セラミドを補給してお肌が正常な状態に戻ると、ニキビじたいができにくくなります。

肌サイクルも正常に戻り、肌は新しく生まれ変わるので、ニキビ跡も薄くなっていくでしょう。

ウルウは、ニキビ肌もニキビ跡の赤ら顔にも効果的です。
ウルウ(ULU)は赤みとくすみケアにも使える?

それはセラミドをたっぷり補給して肌質を改善して健康な肌へと導くからです。

焦らず、じっくり、まずは1カ月ケアに取り組んでみませんか。

公式サイト↓

us