そばかす対策にはメラニンを抑制&排出のWケアがポイント

紫外線があたると細胞の中のDNAが破壊されたり変異し、肌にダメージがあります。

そのダメージから肌を守るために、表皮の一番下にある基底層のメラノサイトがメラニン色素を生成し、メラニン色素によって肌の奥の真皮に紫外線が届かないようにブロックしてくれます。

メラニンは美白の観点からすると敵なのですが、実は肌を紫外線から守るための大事な役割を担っているんですね。

大事な役割を担っているとはいえ、メラニンはそばかすやしみの原因になってしまいます。

メラニンは、通常は肌のターンオーバーによって角質とともに垢として排出されるのですが、紫外線によって角化細胞(ケラチノサイト)に異常が起こると、メラニンを過剰に作り続けてしまいます。

余分なメラニン色素は、ターンオーバーとともに排出しきれずに残ってしまい、色素沈着を起こし、それがシミやそばかすになってしまうのです。

ところで、シミとそばかすの違いは何でしょうか?

シミは、子供や思春期の頃にはあまり見られず、30代ぐらいになってから気になりだすことが多いです。

これは、年とともに肌のターンオーバーの周期が長くなったり、上手くいかなくなることが原因と考えられます。

シミは後天的なもので、紫外線の浴びすぎや摩擦などの刺激、女性ホルモンバランスの変化、ニキビ痕、老化現象など、様々な原因で生じる色素沈着です。

一方、そばかすは幼少期にできたり生まれつきある人が多く、遺伝で出来てしまうというケースも少なくありません。

小さいころからできているものは大人になったら消えることも多いのですが、大人になってから紫外線の影響でそばかすが濃くなるという場合もあります。

子供のそばかすと違って大人になっても消えないそばかすは、紫外線、寝不足、ストレス、ビタミン不足、加齢、肌に悪いスキンケアなど様々な原因が関係しているとも言われています。

このようにたくさんの原因が考えられるシミやそばかすですが、どちらもメラニンが深く関わっています。

つまり、ケアに大切なのは、余分なメラニンを生成させないように抑制することと、生成されたメラニンをうまく排出していくこと、となるのです。

具体的なケア方法は、まずは何よりも紫外線を浴び過ぎないということです。

そして、ビタミンCもたっぷりと摂りましょう。

使用する美白化粧品は、肌荒れしない無添加で優しいものを選んでくださいね。

また、お肌が健康な状態になるように保つことでメラニンの過剰生成を抑制できますので、セラミドを十分に補給しましょう。

セラミド補給によってメラノサイトへの刺激を抑えられるので、メラニン抑制になります。

なおかつ、保湿ケアをしっかりとして肌のターンオーバーを正常化し、過剰なメラニンをスムーズに排出できる肌を目指しましょう。

メラニン抑制&メラニン排出のWケアができると評価が高い、医薬部外品の薬用クリームもあります。

フレキュレルです。

フレキュレルは、無添加で優しい美白化粧品なので敏感肌でも安心して使えますし、オールインワンクリームなので洗顔後に塗るだけの簡単なお手入れで済みます。

寝ている間にそばかすを集中ケアできますし、朝はメイク前にしっかり塗れば、日中もそばかす対策ができます。

そばかす対策でメラニン抑制とメラニン排出のWケアをしたい方は、ぜひチェックしてみてください。
フレキュレルの口コミの本音!そばかすが薄くなる理由

u