シミ ほくろを防ぐためには、何をすると良い?

いつの間にかできているシミやほくろ

増やしたくないですよね。

シミやほくろができる大きな原因はほとんど紫外線と言われています。

ほくろは産まれた時にすでにあるものや、10代の頃までに出たりする先天性のものと、20代以降にできる後天性のものがあります。

先天性のものは仕方がないのですが、後天性のものは予防する事で増やさないようにできます。

紫外線に当たると肌を守ろうとする為、メラノサイトが活性化され、メラニン色素を作り出してしまい、シミやほくろになってしまうのです。

新陳代謝が良ければメラニンは排出されるのですが、新陳代謝が悪くなっていると、ターンオーバーが乱れ、排出されにくくなってしまいます。

また、紫外線以外にも不規則な生活を続けていたり、疲労が溜まりストレスが増える事、妊娠や出産によりホルモンバランスが変化してしまうと出やすくなります。

加齢やスキンケアの刺激によるものもあります。

予防するには、肌が露出している部分には日焼け止めをしっかりと塗るようにしましょう。

紫外線はお肌を乾燥させ、水分を蒸発させてしまいますので保湿をする事も大事です。

ビタミンCを摂っているとメラニン色素が抑えられますので、イチゴ、キウイフルーツ、オレンジ、レモンなど食べるようにしましょう。

食事のみでは難しい方はサプリメントなどを摂る事をおすすめします。

生活習慣の改善も大事で、遅くても夜12時までには寝るようにし、睡眠時間をきちんと確保しましょう。

栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。

また、運動する事で代謝も上がりますので、簡単にできるウォーキングなど始めてみても良いかと思います。

基礎化粧品も美白効果のあるものを使用する事もおすすめします。

ビタミンC誘導体の配合されている化粧水や美容液やプラセンタも美白に欠かせない成分です。

内側からと外側からのケアが大事になってきます。

先ほどサプリメントを摂ると良いとご紹介しましたが、私がおすすめする商品があります。

ただサプリメントではなく、効能が認められた美白医薬品の「ロスミンローヤル」です。

シミだけではなく、小じわにも効果が認められているのです。

冷え性、肩こり、腰痛や女性特有の不調も改善できます。

9種類の生薬に加え、アスコルビン酸(ビタミンC)、ビタミンB郡、E、Lシステイン、DLメチオニンも配合されているので血行や新陳代謝がよくなります。

ビタミンCも含みますので内側からしっかりと対策できます。
ロスミンローヤルの美白効果と口コミ

血行が良くなる事で体調も良くなりますよ。

公式サイト↓
シワ・しみに飲んで効く医薬品【ロスミンローヤル】
rosuminkounou

us