強い日差しから全身を守る紫外線対策はある?

夏の時期は、その暑さゆえに、他の季節と違い、出歩く時間帯を限定している方がいらっしゃるのではないでしょうか。

紫外線への懸念からそのように外出を控えている方も、気兼ねなく外を出歩くことができるような紫外線対策とは、どのようなものがあるのか調べてみました。

紫外線対策と聞いて、先ず真っ先に連想されるものは、日焼け止めクリームなのではないでしょうか。

塗布した部位を紫外線から守ってくれるこの日焼け止めクリーム、腕に装着する日よけカバーや帽子と違い、見た目に影響を及ぼさないために気軽に使用できることはメリットの一つにあげられるかと思いますが、大きな落とし穴も存在します。

それは、SPF値が高く、お肌に刺激の強いものを使用すれば、それだけお肌への負担が大きくなるという点です。

SPFとは、「紫外線の影響による日焼けが表出する時間をどれだけ遅らせられるか」という基準のもとに設定された値であり、紫外線の影響を遮断する能力の高さを表しているわけではありません。

徒にSPF値の高い日焼け止めクリームを使用していると、日焼けを一時的に防ぐことができでも、お肌が刺激に対して弱くなってしまうため、日焼けだけでなく様々なダメージから身を守ることができなくなってしまいます。

できるだけ負担の小さな日焼け止めクリームを、こまめに塗りなおすほうが健全な日焼け止め対策と言えるでしょう。

また、意外と知られていないのですが、サングラスを着用することでかなりの日焼け予防効果が期待できます。

「青い瞳の白人でもないのに、サングラスなんて気取ってる!」なんて時代は、はるか昔に過ぎ去りました。

紫外線の悪影響を考慮すると、いまや私たち黄色人種にとってもサングラスは実利があるのです。

実は、目が太陽から発せられる紫外線をキャッチすると、私たちの脳は「今日は日差しが強い」と認識し、全身に紫外線から身を守るよう指令を下します。

その指令を受けて、衣服に包まれている場所も含め、体内の至るところで活性酸素が生成されます。

そしてその活性酸素から身を守るべく、日焼けやシミの原因ともなるメラニン色素が生成されるのです。

幸い、目から侵入してくる紫外線は、サングラスによってその90%以上が遮断されると言われています。

日焼け止めクリームと併用することで、さらなる日焼け防止効果が期待できるでしょう。

ファッションが限定されてしまいますが、昔から存在するだけあって、麦わら帽子や腕の日よけカバーも、日焼け防止に一役買っています。

普段は日焼け止めクリームとサングラス、お肌が心配な時は日焼け止めを使用せずに腕カバーや麦わらで代用など、臨機応変な使い分けをお勧めいたします。

また、前述した日焼けやシミの原因物質、メラニンの生成を抑制することも、紫外線対策の一環として重要です。

ビタミンCには抗酸化作用があり、メラニンを生成することなしに活性酸素の酸化作用から身を守ってくれる力があるのです。

体外に排出されやすく、熱で壊れやすいために多くの量を摂取しづらいビタミンCですが、サプリメントを駆使して頻繁に摂取することで、日焼けを未然に防いでくれることでしょう。

このように、紫外線に対して私たちが講じることのできる対抗策はさまざまなものがあり、ここでは紹介しきれないほどに多種多様です。

無理なく毎日続けることのできる、あなただけの紫外線対策を組み立て、日差しに負けない健やかな生活を送りましょう!

◆なお、もっと積極的に紫外線対策をしたい方は、塗る日焼け止めだけでなく飲む日焼け止めサプリの雪肌ドロップも飲むといいですよ。

体の内側から光老化を阻止して、紫外線対策とシミ対策になるからです。
雪肌ドロップの口コミと飲む日焼け止めサプリメントは本当?

日焼け止め成分がたっぷりで抗シミや抗シワサポートも高い美容成分も含みます。

実際に雪肌ドロップを飲んでみたら・・シミが減った気がしますよ。

シミにも、紫外線カットにも雪肌ドロップを試してみてください。
公式サイト↓

u