ロスミンローヤルの全成分、安全性や評判

小じわやシミに効くと女性から人気の「ロスミンローヤル」。

ロスミンローヤルは、国内で唯一「小じわ」にも効く医薬品です。

サプリと違い、医薬品は効果効能を表示できますので、効き目も確かです。

しっかりと効果を実感したいという方には、このロスミンローヤルはもどかしさがなくていいですよね。

ただ、医薬品となると副作用というものも気になります。

効果がしっかりと感じられる分、副作用も強いのではないのか、ハイリスクハイリターンではないのか、とちょっと心配になってしまう人も少なくありません。

そこで、今回はロスミンローヤルの配合成分、そして副作用や効果についても見ていきたいと思います。

まずは、ロスミンローヤルの全成分です。

L-システイン、アスコルビン酸(ビタミンC)、パントテン酸カルシウム、リボフラビン(ビタミンB2)、ニコチン酸アミド、ローヤルゼリー、DL-メチオニン、ビタミンE散(50%)、チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、シアノコバラミン(ビタミンB12)、カルニチン塩化物、安息香酸ナトリウムカフェイン、グリチルリチン酸一アンモニウム、トウキ末、シャクヤク末、ブクリョウ末、ソウジュツ末、タクシャ末、センキュウ末、ハンゲ末、ニンジン末

以上が有効成分です。

このように、ロスミンローヤルには9種類の生薬を含む22種類もの豊富な成分が入っています。

9種類の生薬は血行や新陳代謝を整えてくれるもので、既に受けてしまった肌ダメージを素早く回復へと導き、トラブルから肌を守って若々しい印象をキープする力となってくれますよ。

そして、忘れてはいけないのが、製造するにあたってどうしても入ってしまう添加物です。

添加物は…

黄色5号、バレイショデンプン、タルク、炭酸カルシウム、ゼラチン、ミツロウ、サラシミツロウ、無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、白糖、リン酸水素カルシウム水和物、酸化チタン、カルボキシメチルセルロースナトリウム、アラビアゴム、カルナウバロウ

となっています。

以上、有効成分とこれらの添加物がロスミンローヤルの全成分ですが、生薬なども利用してカラダに優しい作りとなっているのが特徴です。

妊娠授乳期でも栄養補給として利用できるのが、ロスミンローヤルです。

(妊娠授乳期の方は、一応かかりつけ医に相談してからの使用を推奨します。)

つまり、それほど副作用の心配はないということがわかりますよね。

ただ、ひとつ気をつけたいのは、「1回3錠、1日3回の服用」という点の解釈です。

これを、1日に9錠と解釈するのは誤りです。

1回飲むのを忘れたからまとめて次に6錠飲もう、ということはしないでくださいね。

1回でまとめて飲んでしまうと、一時的に摂取過剰状態となって胃腸障害などのリスクを高めてしまいますので、「1回3錠」を厳守するのをお約束としてください。

この摂取量さえ守れば、あとはそれほど神経質にならなくても大丈夫ですよ。

ロスミンローヤルにはビタミン、ミネラルや生薬成分も豊富なので、シミ、シワ改善だけでなく、口内炎の回復、疲労回復、二日酔い解消、更年期障害改善にも役立つと口コミでも評判です。

他にも、冷え症改善にもなる、男性の更年期障害にも使える、という口コミもあります。
ロスミンローヤルの美白効果と口コミ

美容だけでなく健康にもよい話題のロスミンローヤルが気になる方は、ぜひ公式サイトをのぞいてみて下さいね!

公式サイト↓
シワ・しみに飲んで効く医薬品【ロスミンローヤル】
rosuminkounou

u