ラメラエッセンスCとビタブリッドCフェイスの徹底比較!どちらを選ぶと良い?

ラメラエッセンスCとビタブリッドCフェイス、この名前を聞いて共通していることがすぐにわかるかと思います。

それは「ビタミンC」です。

ビタミンCと言えば、美肌に必要な栄養素ですね。

ビタミンCには、コラーゲンをサポートする働きがあるので積極的に摂取することが良いと言われています。

果物を積極的に食べているからビタミンCは十分に摂れている!と思われている方も多いかもしれませんが、ビタミンCは水溶性なので毎日身体の外に排出されてしまいます。

もちろん食べ物から摂取することも大切ですが、スキンケア商品からもビタミンCを取り入れるようにした方が良いと言われていますよ。
そこで、今回ご紹介する、ラメラエッセンスCとビタブリッドCフェイスについて、お話を進めていきますね。

それぞれ、どのような特徴があるのか違いなども含めて紹介させてもらいます。

まず、ラメラエッセンスCについてです。

この商品は、医学雑誌に論文が掲載されたことのある世界初のフェースコラーゲンが活用されています。

フェースコラーゲンとは、非常に珍しいもので、角質層との親和性に優れ人間の肌に類いしたリン脂質を含むナノカプセルに生コラーゲンを巻き付けた画期的な成分です。

これまで生コラーゲンと美容成分を特殊な方法でした肌へ入れることが難しかったのですが、世界初の浸透技術によって角質層に届けることができるようになりました。

ラメラエッセンスCの「C」が気になるので調べてみると、ビタミンCのCですが、そのビタミンCに糖をつけて壊れずに角質層まで届けるビタミンC配糖体となっています。

ビタミンC配糖体は、不安定で壊れやすいと言われているビタミンCを安定化させビタミンCの良いところを実感しやすいように作られています。

生コラーゲンとビタミンC配糖体の働きにより、ハリと潤いと透明感がアップすると評判です。
ラメラエッセンスCはシミ・くすみなど美白ケアにも良い?

続いて、ビタブリッドCフェイスについてです。

この商品は、ビタミンCを12時間浸透させる特殊技術により誕生したパウダータイプのビタミンCパックです。

ビタミンCは、先ほどもお話しまたが、壊れやすく安定した状態で肌に浸透させることができません。

しかしビタブリッドCフェイスは、ハイブリッドパウダーで保護しビタミンCが酸化することから守る方で浸透することを可能にしました。

パウダータイプなので、普段使われている化粧水などに溶かしながら浸透させると、普段使われている化粧水などの働きにビタミンCの力を加えることが可能になります。

肌の乾燥などを改善し、しっかりと肌の奥深くまでビタミンCを届けてくれます。

どちらの商品も、それぞれ特徴は異なりますがビタミンCの力をしっかりと肌内部に浸透させることができるアイテムと言えます。
ビタミンC12時間パック「ビタブリッドCフェイス」の効果と口コミ

どちらが良いか、それは個人差があるので、できれば両方使ってみて自分により合うと思われる方を継続して取り入れると良いと思います。

あえて選び方を書くなら、
よりハリがあるケアを意識する方は、生コラーゲン入りのラメラエッセンスCをどうぞ。
ラメラエッセンスC公式サイト↓



 

 

ビタミンCのパワーで様々な肌トラブルから脱出したい方は、ビタブリッドCフェイスからどうぞ。
ビタブリッドCフェイス公式サイト↓


us