夏休みで日焼けした肌をいち早く色白にする裏技

夏休みともなると、学生の方は海、山、川へのレジャーの他、魅惑的な様々の行事に翻弄されて、気がつけば真っ赤に焼けたお肌に悩まされてしまうことになるのではないでしょうか。

日焼けをしたお肌は、炎症を起こしていると言い換えても差し支えありません。

不本意に焼けてしまった方にしてみれば、少しでも早く元のお肌の色を取り戻したいでしょうし、ヒリヒリとした痛みから逃れたい方もいらっしゃるでしょう。

そんな日焼けを1日でも早く戻すためにすべきことをご紹介していきます。

日焼けは、いわゆるターンオーバーと呼ばれている細胞の生まれ変わりのサイクルにより、日焼けしたお肌の一番外側、つまり外気に接触している「角質層」が剥がれ落ち、すぐ下の細胞に取って代わられることで鎮静化します。

このターンオーバーの働きを促進することで、いち早く元の肌色を取り戻すことが可能だと言われています。

ターンオーバーの働きは、新陳代謝の低下、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や偏食などの様々な要因により不規則になりがちです。

とくに若い方のなかには、代謝の働きは申し分ないとしても、1日1食しか食べなかったり、睡眠のとり方が極端になってしまう方や、昼夜が逆転してしまうような生活を送ってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

夜22時から翌2時までの4時間の間の睡眠は、身体を休め、ターンオーバーを活発に行うためには欠かせないと言われています。

まずは、夏休み期間中に乱れてしまった生活リズムを是正しましょう。

また、ヒリヒリと痛む日焼けをケアするとともに、血行を促進してターンオーバーを活性化させる方法として、体温と同じくらいのぬるま湯を浴びるというものが挙げられます。

冷水では血管が収縮してしまい逆効果ですし、熱いお湯ですと飛び上がってしまうくらいの痛みが走ることでしょう。

繰り返しになりますが、日焼けはお肌が炎症を起こしている状態なのです。

皮膚は水分を失って乾燥しています。

水分をこまめに補給することで、身体の内側から保湿していきましょう。

また、ヒリヒリして痛みがある状態で、ボディソープなどでこすりすぎることもNGです。

日焼けして水分を保持することができなくなった角質層を刺激して弱らせてしまうと、さらなる刺激(最たるものは紫外線です)に対処することができなくなってしまい、日焼けの悪化、最悪の場合シミの遠因となってしまいます。

ビタミンCやEを摂り、メラニンの動きを抑え、新陳代謝をサポートすることも大事なケアとなります。

緑黄色野菜やナッツ、オリーブオイルなどを摂取することで、ターンオーバーを手助けしましょう。

ターンオーバーの周期は、20代の平均で28日周期と言われています。

年齢を重ねるにつれてその周期の間隔は長くなってしまいますが、短ければ短いほどよい、というものでもないのです。

ターンオーバーの周期が短いせいで、完成を待たず未成熟で脆い細胞が角質層というお肌の最前線に立ってしまうと、お肌はそこから乾燥し、ダメージを受けやすい敏感肌へと化してしまいます。

お肌が炎症を起こしている状態では、ターンオーバーの周期は早まってしまうそうです。

白い肌を早く手に入れる代わりに、もろく、黒ずみやすい敏感肌となってしまうのは、あんまりな話です。

あなたもターンオーバーをしっかりと、正常なリズムで行わせるべく、規則正しい生活リズムを今一度取り戻し、本来の美しい肌を確実に手に入れましょう。

◆もっと積極的に美白したいときは、新型ビタミンCのビタブリッドCフェイスを使ってみてください。

手持ちの化粧水やクリームに混ぜるだけで肌から新鮮なビタミンCを持続して補給できるパウダーなんです。
シミ・シワ改善で話題のビタブリッドCフェイスの効果とは?
使ってみたらしみが薄くなって透明感が出ていますしハリもでて肌が良い感じです。

12時間作用が持続するのが特徴です。

夏休みで日焼けして肌荒れした肌にも優しく美白やシワケアできる、ビタブリッドCフェイスを試してみてください。
公式サイト↓

us