目の周りのくすみとニキビ痕はどうすれば消せる?

外見のうち、人からの第一印象を最初に決定づけるものはおそらく目ではないでしょうか。

よく泳ぐ目、光をあまり通さない目なども印象はあまり好ましくありませんが、目の周りにくすみがある人に対して、多くの人が「不健康そうな人だ」という印象を持つことは止められないと感じます。

また、ニキビの跡が顔じゅうに広がり、クレーターと化しているような方からも、多くの人は良い印象を受け取りません。

見た目による社会生活への悪影響を最小限に抑えるべく、今回はくすみ、ニキビ痕を消す方法について調べました。

ご参考にしていただけると幸いです。

生活習慣次第では、本来そのお肌に存在すらしなかったために、余計に意識せざるをえない、くすみやニキビ痕。

言い換えると、今まではお肌にはっきりと残る段階まで発展してしまうことを、未然に防ぐ、つまり芽のうちに除去することができていたわけです。

こういったお肌のトラブルを除去し、お肌を新しく生まれ変わらせる身体の働きをターンオーバーと呼びます。

このターンオーバーの働きが正常であれば、くすみは沈着せず、ニキビも痕とならずに新しい皮膚へと生まれ変わります。

つまり、問題はターンオーバーの働きが乱れてしまい、お肌のトラブルを解決できていないことにあるのです。

ターンオーバーは通常であれば、28日周期で繰り返される代謝活動で、28日後にはそれまで表皮として外界からのさまざまな雑菌から身を守っていた細胞が垢として剥がれ落ち、すぐ下の細胞が表皮としてデビューします。

くすみやニキビ痕がいつまで経っても消えない方は、このターンオーバーの働きが弱まり、周期が長くなることでいつまでも古い細胞が表皮として居座りつづけ、後ろがつかえている状況にあると考えられます。

ターンオーバーの働きを正常に戻すためには、生活習慣の改善が必要不可欠です。

まずは、夜10時から翌2時までの時間帯はできる限り睡眠をとるようにしましょう。

この時間帯の睡眠はターンオーバーの働きを促進する効果があります。

食生活にお肌への悪影響を見ることもできます。

コンビニやファストフード店での偏食を断ち、ビタミンC、Eを摂取する生活を送ることで、ターンオーバーの力を促進し、さらにくすみの原因であるメラニンの生成を抑制することができます。

また、慢性的な運動不足に陥っている方は、血流が滞り、ターンオーバーの働きが阻害されている可能性が考えられます。

無理な運動ではなく、毎日続けられる程度の軽い運動をこころがけましょう。

最後に、これらのお肌のトラブル再発を予防することも重要です。

どちらの症状にも共通して言えることは、「こすらないこと」です。

健康なお肌であれば、元来このようなトラブルに見舞われることがないということは、即ちお肌がトラブルに対抗する力を失っている、または弱っている可能性が考えられます。

目の周りのくすみは、紫外線の影響だけでなく、意外にも摩擦によってメラニンが分泌された結果引き起こされるともいわれています。

ニキビに関しても、乾燥して刺激に弱いお肌でなければ、痕になるほどニキビを長引かせることもありません。

男性は特に、ふとした拍子に顔を雑にぬぐったり、おしぼりを顔に当ててゴシゴシこすったり等、お肌に対して碌なことをしません。

お肌に関して、日頃の生活において気を付けるべきことはたくさんあります。

あなたも、目の周りだけでなくお肌のトラブルを解決して、第一印象の向上を図りましょう。

◆そうはいってもなかなか改善しない目の周りのシミ、くすみ・ニキビ跡などを消すには、専用のアイショットクリームの「アイキララ」を使ってみてください。

目元の悩みが消えた!と口コミでの評価も高いからです。
アイキララの口コミ!目元のクマが消える効果の理由
妊娠中、授乳中、アトピーなど敏感肌でも安心の無添加処方です。

目元のクマや、シミ、くすみだけでなく目の周りの小じわやたるみも解消に導く目元ケアの必須アイテムがアイキララなのです。

公式サイト↓
アイキララ

u