光毒性の食べ物に注意!紫外線ダメージを避けて美白

光毒性とは、光が当たることで、シミができやすくなることを指します。

原因は、ソラレンという成分が光毒性を持っており、それは食べものに含まれています。

ソラレンが含まれている食べ物を食べて外出し、紫外線を浴びると、シミができやすくなるということです。

意外と身近な食べものに含まれているので、注意が必要です。

ソラレンが含まれている食べ物は、柑橘系やキュウリ・パセリやセロリなどに入っています。

お肌のためにビタミンCを積極的に摂ろうということで、柑橘系の果物を摂られている方も多いと思います。

しかし、それらの柑橘系にはソラレンが多く含まれているので、外出前に摂ると日焼けしやすく、紫外線のダメージを受けやすくなります。

美白にレモンなど柑橘系を摂ることは良いことですが、食べ方や食べる時間帯・タイミングなどに気を付けるようにしましょう。

またキュウリパックをされる方も多いと思いますが、キュウリにもソラレンが含まれており、紫外線のダメージを受けやすくなります。

外出前は控えた方が良さそうです。

では、朝食はどうしたら良いのか?ということになりますよね。

朝食や外出前の食事は、ソラレンの含まれる野菜や果物を食べることは控え、トマトやレタス、カボチャなどソラレンが少ないものを選びましょう。

ソラレンの含まれるものも、お肌に良いものはたくさんありますし、栄養の偏りも気になるところなので、バランスよく摂取するようにしてください。

ここで紹介したソラレンの多く含まれるものは、紫外線が少ない夜に食べると日焼けや紫外線ダメージの心配がなくなります。

◆いろいろ注意してもシミやそばかすができやすい時は、サイクルプラス エンリッチローションを使うと効果的!と口コミでも人気です。
サイクルプラスエンリッチローションの口コミと美白効果

昼でも安心して使えるビタミンC誘導体の高浸透型ビタミンC(APPS)が含まれるからです。

公式サイト↓
サイクルプラスエンリッチローションで美白で年齢肌ケア!