紫外線を浴びると活性酸素発生でシミになるの?対策は?

活性酸素は有害な物というイメージがありますが、本来は強力な酸化力によって体内に入り込んだ有害物質や細菌などを除去する働きのあるものです。

しかし増えすぎるとその強力な酸化力で細胞にダメージを与えるようになります。

【活性酸素でシミができるメカニズム】

細胞は酸化すると老化が早まるので、大量の活性酸素は肌のトラブルの原因になります。

紫外線には人体にとって有害な物質が多く含まれているので、紫外線を浴びると体は防御のために活性酸素を作り出しますが、そのために体の細胞を酸化させてしまいます。

その害から体を守るのはメラニンですが、肌のターンオーバーが正常に働かなくなると大量に生成されたメラニンは色素沈着を起こして肌に残り、シミとなって表れます。

【紫外線からのシミ対策】

紫外線を浴びないことが基本なので、肌の露出を少なくして、日傘やつばの広い帽子、UVカットのサングラスを着用します。

また、それだけでは防ぎきれないため、日焼け止めを塗ることは日本では必須とされています。

最近では肌に優しく高機能な日焼け止めも開発されていますが、日中何度も塗りなおす必要があってとても大変です。

また、塗り残したところがムラになって日焼けしたり、悩みはつきないものです。

【紫外線を浴びないことの害】

最近では、紫外線を浴びないことによる害も報告されるようになりました。

紫外線は体にとって必要なビタミンDを生成する働きがあり、骨や歯を丈夫にします。

また、免疫力を高める働きもあります。

完全に紫外線を避けてしまうのはかえって良くないと言えるでしょう。

【注目される“飲む”日焼け止め】

そんな問題を一気に解決するのが、サプリメントとして飲む日焼け止めで、欧米では早くから一般的になっています。

体は活性酸素を抑える抗酸化物質を作り出すことができますが、すぐに消耗してしまうため、抗酸化物質を摂取して補う必要があります。

注目されているのは日焼け止め成分ニュートロックスサンです。

有効成分を見てみると抗酸化物質だけでなく、細胞の内と外で活性酸素を消去する働きがあります。

主原料はスペイン産の強力な日差しに鍛えられたシトラスやローズマリーの植物成分で、体にも優しく安心です。

連続して摂取することで効果が増大し、85日間摂取すると60%も紫外線に対する効果が増加することが分かっています。

このニュートロックスサンを配合した日本製の飲む日焼け止め、ポルク(P.O.L.C. )が話題です。

【ビタミンやミネラルも豊富に配合】

ポルクは朝2〜5粒摂取するだけで、終日日焼け止め効果が持続します。

また、朝飲み忘れたとしても、帰宅後摂取することでケアが可能なのです。

忙しくて塗る日焼け止めを使用する暇がない方や、どうしても塗り残しができる、敏感肌で肌に合った日焼け止めがない、など、塗る日焼け止めにまつわる悩みが全て解消できます。

また、最近では日焼け止めを塗ったり日傘をさす男性も増えていますが、やはり抵抗がある、という方にも嬉しいですよね。

ポルクには日焼け止め成分のほかに、ビタミンやミネラルなど美肌効果に有効な成分も豊富に配合されていて、美白や肌のトラブル防止もできるのです。

すでにRakutenにおいてアメリカ、フランスでのウィークリーセールスNo.1になるなど、海外でも人気です。
ポルク(P.O.L.C. )のクチコミ評判!飲む日焼け止めサプリの効果は本当?
欧米人と日本人は肌質が異なりますが、日本製のポルクなら安心して使用することができますよね。

us