すぐに顔が火照って赤くなる、の改善法

運動をして体が温まってくると顔も火照って赤くなることがあります。

頬には毛細血管が集中していますので、運動もそうですが入浴後などで血行がよくなると他のどの部分よりも赤くなるものです。

しかし、本当にちょっと動いただけでほっぺが真っ赤になって恥ずかしいという人も中にはいます。

周りの人は涼しい顔をしているのに自分一人だけが赤い顔というのは、やはり気になりますよね。

顔が赤くなるというのは体質にもよります。

皮膚が薄かったり敏感肌であったりする場合は、とくにこのような状態になりやすいと考えられています。

毛細血管には酸素や栄養を運ぶという役割のほかにもカラダの熱を発散するという役割もありますので、その役割を果たす際に毛細血管が集中している頬に赤みが出ます。

そして、皮膚が薄いとその赤みも表面に出やすいということなんですね。

また、敏感肌の場合は少しの刺激でも影響を受けやすく、毛細血管が拡張したりうっ血したりして赤みが出やすくなるのです。

このようなことから、顔がすぐに赤くなるということを改善するには、まずは肌のバリア機能を強化して肌を元気にしてあげることがポイントとなります。

肌のバリア強化のために必要なのは、十分な保湿ケアと肌の新陳代謝をよくする規則正しい生活です。

そして、赤くなりやすいことを改善するは、ビタミンB群の仲間でビタミンB7とも呼ばれているビオチン(ビタミンH)という水溶性ビタミンが良いとされています。

食材ではレバーやいわし、落花生や卵黄などに含まれていますが、体内環境が良くなれば腸内細菌がビオチン生成してくれますよ。

ところで、ビオチンは生の卵白によって破壊されてしまいますので、ビオチンを意識して摂ろうとしている場合は生の卵白(卵かけご飯など)と一緒に食べるのは避けて下さいね。

そして腸内環境改善のためにも、食物繊維を含んだバランスのよい食生活や適度な運動によって便秘にならないように心がけましょう。

でも、腸内環境改善にてこずっている場合やできるだけ早く改善したいと考えている場合は、乳酸菌抽出物LFKの「カルグルト」がオススメです。

カルグルトのメイン成分の乳酸菌抽出物LFK(FK23菌抽出物)は、酒さ(赤ら顔)に効果があり、特許も取得しているものです。

乳酸菌抽出物LFKをメインとしてガゼリ菌やラブレ菌、ビフィズス菌ビースリー、ラクリス-Sなどが配合されていますので、赤ら顏はもちろん腸内環境を改善して便秘解消にも大いに期待できるんです。

腸内環境が改善されると免疫力がアップしますし自律神経にもよい影響があります。

寒暖の差がそれほど激しくなくてもすぐに火照って困るという人などは体温を調節する自律神経の働きが低下している可能性もありますので、このようなタイプの方の赤ら顔改善にもつながりますね!
カルグルトの口コミと赤ら顔肌荒れ改善効果
普段の生活や食事などに気をつけつつカルグルトの力を借りて、悩みの赤ら顔から卒業しましょう。

公式サイト↓
カルグルト