肝斑(かんぱん)の原因と美白するコツ

肌トラブルで一番気になることはなんですか?

ニキビでしょうか?

シワでしょうか?

たるみでしょうか?

どれも気になると思いますが、シミが肌トラブルの最もいやなものとして上位にランクインしているので、多くの方がシミを一番嫌な肌トラブルと思われているのですね。

さて、シミの中でも特に『肝斑』と呼ばれる特殊なシミがあり、これは改善が難しいと言われています。

シミは美白化粧品で改善されるものもありますが、この『肝斑』は違うようです。

肝斑ができる原因は、わかっていません。

しかし女性ホルモンと関係があるのではないか?と考えられており、その理由は閉経後に肝斑のシミが薄くなることや、出産で大きくなることなどがあるからです。

また、肝斑は左右対称にできることが特徴で、自分でも判断している方もいますね。

さて、この肝斑、いったいどのようなケアをしたら良いのでしょうか。

1つオススメできない方法として、レーザー治療です。

一般的にレーザー治療はシミの改善にとても有効ですが、肝斑に関しては、レーザー治療で悪化することもあるので、やめておいた方が良いでしょう。

オススメは、外用薬やプラセンタの注入・内服です。

具体的には、美容皮膚科で注射を受けたり、内服することになりますね。

でも、そこまでしないと改善しないのでしょうか?

もう少し簡単に改善できないか?調べていたら、『エイジングリペア』というものを知りました。
エイジングリペアがシワやシミ改善の若返りサプリなのは本当?
エイジングリペアは、キルギス産の高級サラブレッドの胎盤が使用されています。

美肌効果や美白効果が大変優れています。

プラセンタは、内服する方が効果的と言われており、実際に外部からの使用よりも内服の方が実感力が高いこともわかっています。

エイジングリペアで、プラセンタを摂り身体の中から肝斑、そして肝斑意外のシミ改善へとお役立てください。
公式サイト↓
ハリ・ツヤ実感!馬プラセンタのエイジングリペア

agingripea30nitibun-300x150