痒いた後が黒くなる!美白とかゆみ軽減の方法を教えて!

乾燥が気になる冬場になると、肌のかゆみでかきむしってしまい肌が黒ずんでしまった経験はありませんか?

特に、乾燥肌やアトピーの方には深刻な悩みの種です。

かゆみが治っても残ってしまう、皮膚の黒ずみはどうしたら、きれいになるのでしょうか?

今回は、黒ずんでしまった肌をきれいにする方法を探っていきたいと思います。

かきむしると悪循環!いますぐやめて

乾燥しがちな冬場になると、皮膚の水分が不足し肌もカサカサに…同時にかゆみが出て耐えきれずに、無意識のうちにかきむしったりしていませんが?

かきむしってしまうと、皮脂を傷めるのはもちろん、かきむしったところはメラニンが生成されて黒ずんでいきます。

黒ずみが出来ると、なかなか消えてくれないのも現状ですよね。

これ以上黒ずみを増やさないためにも、まずは意識してかきむしるのはやめましょう。

黒ずみを消すには…まずは保湿をわすれないで

黒ずみがなかなか消えないのは、お肌のターンオーバーがうまく正常していないことにあります。

まずは、お肌のターンオーバーを正常に戻す必要があります。

新陳代謝を上げるのに有効な有酸素運動をするのも、肌のターンオーバーの改善の効果はあります。

そして、肌の乾燥予防に欠かせないのがやはり十分な保湿です。

かゆみの原因のほとんどが乾燥している環境から発生します。

特にお風呂上がりは肌が乾燥しがちです。

保湿剤を塗るなどの対策をしておきましょう。

肌の保湿対策が出来てくると、肌質もだいぶ変わってきます。

野菜や果物を意識してとること

野菜や果物に含まれるビタミンCやEには美肌やメラニンの生成を抑えてくれる働きを持っています。

普段の食生活に積極的に取り入れるようにしましょう。

忙しくて、なかなか摂取できないという方は、サプリメントなどをうまく摂取するように心がけてください。

果物にヨーグルトやはちみつなどと組み合わせれば美肌効果も上がります。

ステロイド剤使用の注意

筆者も掌が荒れる「洗剤荒れ」を季節の変わり目ごとに症状として表れてはかゆみと皮膚の黒ずみで戦ってますが、皮膚科に行くと必ず処方されるのがステロイド剤です。

確かにステロイド剤でかゆみは緩和されかゆみや、皮剥けは抑えられますが、あくまで一時的なもので時間が経てばまたかゆみは戻って来る上にステロイド剤を塗る前よりも悪化してしまうことがあります。

悪化した場合はすぐ使用をやめて、かかりつけの医療機関に相談しましょう。

ステロイド剤では、なかなか、かゆみと黒ずみは改善はされません。

普段から保湿を心がけるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

これからの季節は、乾燥肌の方やアトピーにかかってしまってる方に限らず、肌の乾燥が気になります。

肌の乾燥はかゆみの原因にもなりますので、普段から肌の保湿を忘れないように心がけておくとよいと思います。

また、かゆみが出ても、肌を傷めないためにも、意識してかきむしらない事です。

保湿ケアに普段の食生活をうまく組み合わせて黒ずみ肌から、美白を手に入れましょう。

◆保湿スキンケアで強力だと私が実感しているのがアトピスマイルです。

ライスパワーNo.11の保水維持機能のおかげとセラミドを生み出す力で内側から潤いアップするからです。

肌のバリア機能の修復も早くなるので、潤ってかゆみも軽減しやすいのがメリットです。

アトピスマイルのおかげで、少しずつ黒ずみもケアできて元の肌色に美白にもなっていると感じます。
アトピスマイルは、日焼け直後の肌にも使える?

なお、もっと積極的に美白したいときは、アトピスマイルにパウダーのビタブリットCスキンを混ぜて使うともっといいです。

お肌にも優しくアトピー肌でも安心なピュアなビタミンCが12時間持続して吸収されるので美白ケアに向くからです。
ボディ用ビタブリッドCスキンの口コミとアトピー改善効果

Hs