ほくろができないようにするには?

鏡を見て、「あれ、いつのまにこんなところにほくろができたの?」なんておもったことはありませんか?

今までなかったところにいつの間にかできてしまったほくろ、とても気になってしまいますよね。

そんなほくろが出来ないようにするなんて事ができるのでしょうか?

今回は、ほくろができないようにするにはどうしたらよいか、探って行きましょう。

そもそも、ほくろはどうやってできるの?

意外にもほくろってどうやってできるのか、知らない方が多いのではないでしょうか。

実は皮膚にあるメラノサイトが紫外線などの刺激によって、高い密度となって黒い点となって表れるものです。

ほくろにも大きさや出来る場所も様々で、中には大きくなってしまいその部分だけが盛り上がってしまうこともあります。

ほくろとシミの違い

ほくろは、メラノサイトが紫外線の影響によってできるものと上記では説明しましたが、ではシミはどのようにしてできるのでしょうか。

シミはほくろの原因となるメラノサイトが活性化し、メラノサイトを活性化させます。

活性化したメラノサイトはメラニン色素を作ります。

紫外線を長時間浴び続けることで、メラニン色素が消えにくくなります。

これがシミの原因となるのです。

ほくろができないようにするには

対策として、紫外線カットは第一だと思います。

UVカットの衣類などを着用するようにするほか、肌に優しい日焼け止めクリームを欠かさず塗るなど普段から習慣にすると良いでしょう。

また、紫外線は目から入ってくるものもメラニンの生成に拍車をかけてしまいます。

UVカットのサングラスをつけることも方法の1つです。

また、紫外線は一年中降り注いでいます。

寒い冬場こそ、しっかり紫外線対策をしましょう。

スキーや、スノーボードを楽しまれている方は、肌のアフターケアを忘れずに行って下さい。

また、ほくろはターンオーバーの低下でできることがあります。

ターンオーバーを活性化させるためには適度な運動をしましょう。

ほくろを薄くしたり、予防法としてはビタミンやミネラルの豊富な食材を取るように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

たかがほくろと、あなどってはいけませんよ。

主な原因である紫外線対策を心がけておくことで、ほくろができるのを防げることがわかりました。

季節を問わず降り注ぐ紫外線、放っておくと、もしかしたら危険なほくろが出来てしまい取り返しのつかない事になるかもしれません。

そうなる前に、肌のケアを今一度見直してみてはいかがでしょうか?

栄養面でビタミンミネラルなど不足しがちと思うときは、美白医薬品のロスミンローヤルを飲むと良いです。

シミ・そばかす改善でシワにもなりにくいからです。
美白医薬品ロスミンローヤルで飲む美白!シミとシワ改善効果

ローヤルゼリーや生薬成分も含むので女性にとって嬉しい美白医薬品がロスミンローヤルです。

わたしも飲んだら、ほくろやシミの色も薄くなりましたよ

公式サイト→シワ・しみに飲んで効く医薬品【ロスミンローヤル】

us