鼻の下の肝斑が気になる!消し方を教えて!

肝斑とは両頬のみにできるシミだと思っている方が多いと思います。

実は、額や鼻の下など色々な場所に出来るのです。

鼻の下に出来るとヒゲのように見えて恥ずかしいと悩んでいる方もいます。

肝斑の特徴は左右対称でほぼ同じ形と大きさで出てきます。

加齢と共に増えていくシミに対して肝斑は、30~40歳代がほとんどです。

出たとしても50歳後半までで高齢者はほとんど出ないと言われています。

一般的なシミとは違って治りにくいのです。

女性特有の症状で男性にはみられない事から、女性ホルモンか関係していると言われています。

女性は妊娠、出産、更年期、ピルの内服などでホルモンの減少や変動があります。

ですから、閉経後を境に薄くなったりもするのです。

ですが、ずっと鼻の下にあるのは気になりますし、待てないですよね。

肝斑の判断はとても難しく、肝斑だと思っていたら実は他のタイプのシミという事もあるのです。

自己流のケアをして、濃くなってしまう事もありますし、肝斑は他のシミと治療法が違うので、気になる時は、まずは、皮膚科で診断をしてもらう事をおすすめします。

皮膚科では、飲み薬、塗り薬、レーザー治療などがあります。

飲み薬は、トラネキサム酸が効果的です。

メラニン色素を作らせないようにする作用があります。

塗り薬では、ハイドロキノンがあり、効果的です。

既に出来てしまったシミを漂白したり、新しくシミを作らせないようにする働きをします。

浸透力が高く、強力な薬なので注意が必要です。

トレチノインも肌のターンオーバーを促す働きを持っているので、ハイドロキノンと併用して使用します。

こちらも強力な薬ですので医師の指示を必ず守りましょう。

レーザーは以前、刺激を与えてしまう為、避けた方が良いとされていました。

最近では、レーザートレーニングという技術が使えるようになり、ピンポイントで刺激を与えず、広い範囲で当てられるようになりましたので、早く消したい方には選択肢の一つとして考えても良いかと思います。

経済面や治療期間など、自分に合った方法を見つけられたら良いと思います。

肝斑治療はすぐに効果が出ず、3~4ヵ月は様子を見ながら紫外線対策も忘れずに焦らず、地道に治療を続けていきましょう。

自分で肝斑を改善したい場合は、基礎化粧品の見直しもしてみて下さい。

トラネキサム酸、ハイドロキノン、トレチノインが含まれている化粧水、美容液に変えても良いかと思います。

あとは、ホルモンバランスを整える為にしっかりと睡眠をとり、バランスの取れた食生活、ストレスを軽減する為、規則正しい生活を心掛ける事も大切です。

◆病院に行く前に、自分で美白ケアを試したいと思う時は、ビーグレンの美白セットを試してみてください。

含まれるハイドロキノンが普通と違って刺激も少なく吸収されやすい形なので、シミも薄くなりやすいです。

わたしも使ってみましたが、肝斑だったかどうか不明ですが、似た感じのシミが薄くなりました。

口コミ評価も高いですね。
ビーグレンの美白セットは医薬品並みのホワイトニング力を誇る

お試しセットがあるので、お肌に合うかどうか試してみてください。

公式サイト↓
シミ・色素沈着

Hs