ビタミンCは美白にも効果は本当?

ビタミンと聞いて、あなたはどれを思い浮かべるでしょうか。

おそらく多くの方がビタミンCこそが、ビタミンの代名詞だと考えているのではないかと予想します。

しかし、そんな方々の中で、ビタミンCの効能について詳しく把握されている方は意外に少ないのではないでしょうか。

今回は、身近だけどあまり知られていないビタミンCの効果、そしてビタミンCは美白に効くのか、について調べました。

効果的な摂取の方法についても触れていきます。

ビタミンCの効果は様々です。

免疫機能を高め、丈夫な体作りに寄与したり、ストレスに対抗してくれたり、身体の抗酸化作用(つまり、身体が錆びてしまうこと)を高めたりと、実にたくさんの重要な働きをみせるビタミンC。

そんな効能の中で、美白に貢献する作用として、「メラニン色素の生成を抑制し、シミ・ソバカスを防ぐ」というものが挙げられます。

私たちの身体は、紫外線に晒されることによって受ける悪影響、例えば皮膚がんや白内障から身を守るべく、活性酸素、メラニン色素といった物質を生成します。

メラニン色素とは、活性酸素の強すぎる酸化作用から身体を守るために戦い、酸化・褐色化して私たちのお肌に沈着します。

これがシミやソバカスのできる過程なのですが、ビタミンCは、色素沈着してお肌にシミとして残ってしまうメラニン色素の代わりに、活性酸素の酸化作用を無害化してくれる働きをするのです。

シミやソバカスを予防する効果がある、という意味においては、ビタミンCは十分に美白作用があると言って差し支えないでしょう。

しかし、意外と知られていないのですが、ビタミンCは、体内に留めて置くことが非常に難しい栄養素でもあります。

ビタミンCの特徴について、いくつか列挙していきます。

まず、私たちヒトの体内では生成されないため、他の栄養素で補うことができず、ビタミンCを含む食物を摂取しなければなりません。

次に、アルコールを分解するために、大量のビタミンCを消費してしまうため、一度の酒の席で、その日1日に摂取したビタミンCはすぐ失われてしまいます。

さらに、煙草1本吸うだけで(副流煙でもかなりの悪影響が予想されます)、1日に必要なビタミンC摂取量のほとんどが失われてしまいます。

また、紫外線に晒されるだけでも、ビタミンCはどんどんと失われます。

極め付けとして、わずか数時間で尿として体外に排出されてしまう特性も備えているのです。

今までご覧いただいたものだけでも、ビタミンCがいかに身体に保持しにくい栄養素であるかが、お分かりいただけたと思います。

さらに、ビタミンCは熱に弱く、たとえビタミンCを豊富に含む野菜であっても、火を通してしまうとその大半が壊れてしまったり、お湯に溶けてしまいます。

ビタミンCは、保持しにくいだけでなく思った以上に摂取しにくい栄養素なのです。

もしもあなたが今現在、美白効果を意識してほうれん草やパプリカを意識してたくさん食べていても、体外に排出されている、またはあまり摂取できていない可能性は、十二分にあるのです。

ビタミンCを十分に役立てるためには、こまめに、たくさん摂取する必要があります。

ビタミンCはわずか2~3時間で体外に排出されてしまいます。

時間に十分な余裕がある方はともかく、忙しい勤め人の方には、サプリメントでの摂取をお勧めします。

1日の摂取目安量を、できるだけ複数回に分けて摂取することで、あなたの身体には常にビタミンCという美白の味方がついてくれることとなります。

余談ですが、美白を保つ一環で運動をされている方は、なるべく疲れにくい、長時間続けていても苦にならない程度の運動に切り替えるとよいでしょう。

あまりに過度な運動は、ビタミンCをすぐに消耗してしまいます。

あまりによく名前を聞くわりに、保持して効果を発揮させることが非常に難しい、ビタミンC。

ですが、正しく摂取することで、ビタミンCは必ず、あなたの努力に報いてくれるでしょう。

◆美白やシワサポートで人気なのが、新型ビタミンCのビタブリッドCフェイスです。

手持ちの化粧水やクリームに混ぜるだけで肌から新鮮なビタミンCを補給できる画期的なアイテムなのです。
シミ・シワ改善で話題のビタブリッドCフェイスの効果とは?

私も実際に使っていますが、くすまなくなって透明感が出ていますしハリもでてお肌の調子が良いので気に入っています。

12時間作用が持続するのが特徴です。

アトピーなど敏感肌でも安心なお肌に優しい美白ケアやシワケアには、ビタブリッドCフェイスがぴったりです。
公式サイト↓

us