ビタブリッドCフェイスとボディ用ビタブリッドCスキンの比較!と選ぶコツ

ビタブリッドCが最近話題になっています。

これは、フェイス(顔用)と、ボディ(身体用)と、種類が分かれています。

できれば、1つのもので全身に使えたら便利ですよね。

顔と身体と、分けなくてはいけないの?

どちらか1つを全身に使っても問題ないのでは?

そう思われている方もいると思います。

そこで、ビタブリッドCフェイス用と、ボディ用との比較をしましたので紹介します。

まず、この2つに共通していることは、生のビタミンCを特許技術で配合することに成功しているということです。

この純粋なビタミンCが配合されているという共通点から、顔も身体も、どちらに使っても問題ないように思ってしまいますが、実は異なる点があったのです。

それは『アランダイン』という成分が配合されているかどうかということです。

このアランダインという成分ですが、鎮静効果や殺菌効果を高める成分と言われており、この成分はボディ用ビタブリッドCにのみ配合されています。

ですから、ビタブリッドCフェイスには配合されておりません。

アランダインは、アトピーでお悩み方へ、肌を整えるための成分として配合されています。

これは顔用には使わないでください。
ボディ用ビタブリッドCスキンの口コミとアトピー改善効果

反対に、フェイス用は身体にも使えます。

ですから、アトピー症状に悩むことはなく、顔にも身体にも使いたいという方は、ビタブリッドCフェイスでしたら、全身に使えます。

アトピーに悩み身体に使いたいという方は、ビタブリッドCスキンを顔以外の身体に使うと良いですね。

ビタブリッドCフェイスを使う際のポイントとして、普段の化粧水に混ぜて使うと、普段の化粧水に純粋な生のビタミンCが加わるので、保湿面や美肌効果の面からも、オススメしたい使い方です。
ビタミンC12時間パック「ビタブリッドCフェイス」の効果と口コミ

体専用でかゆみや炎症なども抑えたい方は、ボディ用のビタブリッドCスキンを使うと効果的です。

なお、アトピーで今治療中でステロイドを使っている場合は、ビタブリッドCスキンを併用して問題ないか、念のため薬剤師や医師に確認してから使うとより安心です。

上手に選んで、上手に使い分けてください。
フェイス公式サイト↓

スキン公式サイト↓