シミケアのAPP-Cフラセラムの長所と短所(デメリット)対策

APP-Cフラセラムは、皮膚科と共同開発により誕生した美容液です。

こう聞いただけで、高い効果が実感できそうな予感がしてきませんか?

監修したのは、広尾プライム皮膚科の谷院長です。

幅広い治療を行っている広尾プライム皮膚科は、美を追求する女性たちからも人気を集めています。

実は私の知人が、以前シミにとても悩んでいて、広尾プライム皮膚科は最新の治療が行えるということで、カウンセリングを検討していました。

しかし知人の自宅から遠かったので、カウンセリングは叶わなかったそうです。

私も、色々と教えてもらいたかったので残念ですが、口コミをみるととても評判が高く、実績のある皮膚科だということがわかります。

さて、この広尾プライム皮膚科の院長が監修して共同開発で誕生したAPP-Cフラセラムがどのようなものなのか、メリットとデメリットにわけて紹介しますね。

まずメリットですが、ビタミンC誘導体APPSとフラーレンが主成分として配合されています。

ビタミンC誘導体APPSは浸透力が非常に優れており、フラーレンは、ノーベル賞も受賞している抗酸化成分です。

他には、アロエベラやヒアルロン酸、大豆イソフラボンやグリチルリチン酸2K、PCA-Naが配合されています。

どれも主役級の成分のみで作られている美容液です。

最大のメリットは、肌トラブルの減少と言われています。

肌の悩みは、人により異なりますが、大人ニキビの改善も敏感肌も乾燥肌に対しても高い効果をもたらしてくれます。

使い方ですが、APP-Cセラムは、プレ美容液として開発されているものなので、洗顔後化粧水の前に使用することが前提です。

そうすることで、後から使う化粧水の浸透力を高め、肌の内部からしっかりと潤いを保持することが可能と考えられます。

次にデメリットですが、成分を見る限りデメリットはないと思います。

アレルギーのある方は、成分をしっかりチェックしてくださいね。

APP-Cフラセラムの全成分は、こちらです。
水、BG、1,2-ヘキサンジオール、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、フラーレン、ダイズイソフラボン、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、PCA-Na、アルギニン、カッコンエキス、クロレラエキス、アロエベラエキス-1、水酸化Na、ポリソルベート80、レシチン、PVP、フェノキシエタノール
====

敏感肌の方も、安心で効果的な成分だと言えますが、念のため肌の様子を見ながら使ってみてくださいね。

ではデメリットはないということでしょうか。

1つ挙げるとすると「価格」です。

美容液としては、通常価格が少し高額と言えるかもしれませんね。

しかし対策があるので安心してくださいね。

公式サイトから購入することのできる初回限定お得な定期コースから購入すると、初回30%オフの格安で購入することができますし、2回目以降も15%オフの割引が適用されます。

送料は無料なので、お得ですね。

割引を適用して購入することでデメリットは解決と考えると、デメリットはないメリットばかりのAPP-Cフラセラムをぜひお試しになられてみてはいかがでしょうか。
ドクターソワのAPP-Cフラセラムの効果とその理由

きっと価格以上の効果を実感できると思います。

公式サイト↓
APP-Cフラセラム

us