顔が赤くほてる!赤みを消して美肌になるコツ

顔が火照り赤くなりやすいことで悩んでいる方、多いと思います。

私もそのひとりですが、知り合いでも何人もいます。

例えば、寒いところから温かい部屋に入ると、リンゴのように一気に赤くなったり、ホットヨガに通っているという知人は、周りはそこまで赤くなっていないのに自分だけ尋常ではないくらい火照ってしまい、ゆでだこのようになり恥ずかしいという話も聞いたことがあります。

更年期障害とも違うようで、受診もしていないけれど、赤面症でもありせんし、運動した時や温度差に過度に反応することだけは、自分でなんとなくわかっている状態です。

このような症状の対策はあるのでしょうか。

例えば、運動した時や温度差で赤くなりやすい場合、それは色白で肌が薄くて弱いのかもしれません。

具体的な対策としては、肌のバリア機能を元気にすると良いです。

充分に保湿すること、肌の新陳代謝をよくする生活習慣を送ることが大切です。

肌が赤くなりやすいことを改善するためには、ビオチン(ビタミンH)という水溶性ビタミンを摂ると良いです。

レバーやイワシ、落花生や卵黄などです。

腸内環境を整えることも大切です。

食物繊維が豊富な野菜やオリゴ糖、乳酸菌を含む発酵食品を意識しながらバランスよく摂ることも大切です。

また暑くて赤くなる場合は、冷やすと良いですよ。

水で濡らしたタオルを顔にあてるだけで赤みが薄らぎます。

外出先では、無添加でお肌に優しいローションを多めにスプレーするのも良いですね。

保湿化粧品は肌に優しい無添加のものを選びましょう

合成界面活性剤や合成ポリマーが入っているものを使うと肌荒れしやすいので気を付けてください。

この顔が赤くなる症状を「赤ら顔」と言いますが、今は対策グッズがありますよ。

赤ら顔の原因である毛細血管の広がりに着目して作られた化粧水「白漢しろ彩」や、サプリメントの「カルグルト」です。

白漢しろ彩は、赤ら顔専用の和漢化粧水となっており、評価も高くオススメです。

もちろん食事や生活習慣も気を付けながら白漢しろ彩を使うことで、肌が元気になっていくと考えられます。
白漢 しろ彩(はっかんしろさい)のクチコミと赤ら顔ケアは真実?

カルグルトは、熱くなって顔が火照りやすい方や赤ら顔でお悩みの方、赤みの多い顔やピリピリの肌荒れやブツブツにも良いと人気です。

乳酸菌抽出物LFK(FK23菌抽出物)は、赤ら顔に良いと言われており、特許取得しているので、実感力が高いと思います。

腸内フローラを整えても美肌や健康へのサポートもしてくれます。
カルグルトの口コミと赤ら顔肌荒れ改善効果

これらのアイテムを取り入れながら、食事や生活も改善し、赤ら顔のお手入れを体の外と内側の両面から取り組むと良いと思います。

Hs