20年ほいっぷ(二十年ホイップ)が日焼け後の美白にも効果がある理由についてです。

だんだん温かくなり、日焼けが気になる季節になってきました。

紫外線対策を万全に行っているつもりでも、いつのまにか皮膚が黒ずんでいたり、日焼けによる肌へのダメージは100%防ぐというのは不可能に近いと言われています。

しかし、うっかり肌がダメージを受けてしまっても、その後のケアをきちんとしていれば、ちゃんと美肌を守ることが可能です。

口コミで話題となっている「20年ほいっぷ」という洗顔は、日焼けによる皮膚の黒ずみや、くすみをキレイにしてくれる効果が高いと評判です。

私も、一番気に入っているので、二十年ほいっぷを毎日全身に使っていますよ。
もう2ヶ月以上経ちます。全身、くすみが消えて色白になってきています^^
くすみ用洗顔石けん『二十年ほいっぷ』

どうして洗顔で黒ずみやくすみがキレイになるのでしょうか。

まず、20年ほいっぷが着目したのは、くすみの「矛盾点」でした。

皮膚の表面についている汚れを洗浄しようとすると、洗浄力を高くしないといけません。
ですが、洗浄力をあげると、洗顔後の肌はつっぱり、どうしても乾燥が防げません。

肌が乾燥した状態になると、角質層のくすみは、乾燥した肌が潤いを閉じ込めようと、本能的に角質層を厚くしてしまうので、透明感を失います。

この乾燥状態は、日焼けによるダメージでも同じような状態を作り出すことで、肌が黒ずみくすんでしまうのです。

では、乾燥しないようにマイルドな洗浄力にすると、今度は肌表面の汚れがきちんと落ちないので、結果的に肌はくすみます。

この両方のくすみを改善する石鹸を手に入れるのは、物理的に矛盾していることから難しいと言われていたのです。

しかし、20年ほいっぷは、20年かけて成功した「直火釜練り製法」という方法から、この矛盾点を克服した、肌表面・角質層両方の黒ずみやくすみを洗浄することに成功しました。

これからの季節、日焼け後の美白ケアには、20年ホイップが最適ですよ。
くすみ用洗顔石けん『二十年ほいっぷ』