美白食品で体の内側から全身美白ケアを心がけたいですね。

美白は化粧品やサプリメントだけに頼らず、普段の食事にも気を使うことでより効果を発揮します。

美白効果の期待できる成分は、抗酸化作用のあるものとメラニンの生成につながるチロシナーゼの活性化を抑制するものです。

肌が紫外線を受けると、皮膚表面に活性酸素が発生します。

この活性酸素によって色素細胞であるメラノサイトが活性化されてメラニンの素となるチロシナーゼも活性化され始めます。

このチロシナーゼがメラノサイトの中のチロシンと結び付いてメラニンが生成され、日焼けした状態となります。

このような日焼けの仕組みから、先述した抗酸化作用のあるものやチロシナーゼを抑制するものが効果的というわけです。

チロシナーゼを抑制するのはトマトのリコピン、鮭のアスタキサンチン、米ぬかに含まれているフェルラ酸、韃靼そばに含まれているシス・ウンベル酸などです。

トマトのリコピンは脂溶性なのでオリーブオイルなどと一緒に摂ると吸収がよくなります。

米ぬかは、玄米や発芽玄米、黒米などを食べることで摂取することができます。

そして他にもビタミンC(ブロッコリー・キウイ・レモンなど)、ビタミンE(カボチャ・ウナギ・ゴマ・アーモンドなど)、βカロテン(人参・カボチャ・ホウレンソウなど)、セレン(いわし・わかさぎ・小麦胚芽・玄米など)、Lシステイン(大豆・はちみつ・小麦など)も抗酸化作用に優れ、美白効果のある成分です。

また、美白には新陳代謝を活性化させて肌のターンオーバーを促し、色素を排出していくことも大切です。

それにはビタミンB2(レバー、ウナギ、いわし、納豆など)や亜鉛(牡蠣、レバー、ウナギ)なども忘れてはなりません。

また、コーヒーに含まれるポリフェノールや抗酸化作用の高いバナナも注目されている美白食品です。

そして美白化粧品にも配合されているはと麦にも美白効果があります。

はと麦は、ごはんと一緒に炊いたりはと麦茶を飲むようにするとよいでしょう。

ここでひとつ爽やかな美白レシピを紹介します。

ビタミンCを多く含むパプリカとリコピンを豊富に含むトマトのマリネです。

材料はパプリカ(赤・黄色)とミニトマト(トマトでもOK)、玉ねぎ、にんにく(みじん切り)です。

グレープシードオイル(オリーブオイルでもOK)大さじ1.5くらいに、にんにくを適量入れ、湯むきしたトマトと千切りにした野菜を入れます。

酢大さじ1、砂糖小さじ1、塩(適量)、胡椒(適量)を混ぜたものを野菜にあえて最後にレモン汁をかけて出来上がりです。

冷蔵庫で半日寝かせて味をしみ込ませてから食べると美味しいですよ。

紫外線がますます強くなるこれからの季節、美白食品を毎日の食事に取り入れて、体の内側から美白ケアして乗り切りましょう。

食事にも注意して、なおかつ紫外線対策にも注意したいですね。

紫外線吸収剤が入っていない無添加のお肌に優しい日焼け止めを使うといいです。

例えば、私が毎日日焼け止めつぉいても愛用しているのは、
石けんで洗い落とせる無添加のミネラルファンデーションです。

UVカット効果もSPF25でPA++なので日焼け止めにも
なりますし肌をナチュラルに綺麗にカバーしてくれます。
ニキビ肌でも乾燥肌でも使えるのでお気に入りなのです。
公式サイト→【ミネラルファンデーションお試し3点セット】

★美白に良いスキンケアは、いろいろあります。
美白に積極的に働きかけたい時は漂白型美白成分のハイドロキノンなどが入っているのがビーグレンの美白セットを使うといいです。
公式サイト→美白

私が実際にホクロやシミが薄くなった体験記事はこちらです。
顔の美白にぴったりです。
レビュー→ビーグレン 美白セットの体験

★他には、顔も体も兼用できるイルコルポの美白ジェルは、全身美白にぴったりです。
レビュー→イルコルポの美白ジェルの口コミ!全身美白になった

ハイドロキノンだけでなく、ビタミンCやプラセンタなど美白や保湿成分も含むので人気の美白ジェルです。
公式サイト→☆イルコルポ ミネラルボディシャインジェル☆