油断できない春の効果的な紫外線対策についてです。

春先、気温が低めで肌寒かったりすると、なんとなく紫外線対策もしなくて大丈夫なように錯覚してしまいますが、気温と紫外線量は無関係です。

なんと、暖房器具がまだ活躍する3月でも残暑厳しい9月の紫外線量とほぼかわりませんし、4月5月に至っては7月8月とほぼ同じ。

真夏の日焼けのように目に見えるものでなくても、知らないうちにダメージが蓄積されてしまい、これがとてもやっかいなのです。

紫外線によって肌がダメージを受けると、シミ、しわ、たるみなどを含む肌老化を進行させてしまうことになります。

ですから、洗濯物干しや散歩、買い物などの時も、紫外線対策をしっかりしておくことが大切になってきます。

ちなみにUVA(波長の長い紫外線)が黒っぽい日焼けの原因で、雲や窓ガラスも透過して皮膚の奥まで届きますので、気を抜けません。

シミを作る原因となるのもこのUVAですので、家の中にいるときでさえ、窓越しに入ってくるUVAには気をつけましょう。

庭仕事や洗濯物干しなどの日常生活で受けた紫外線は、ちょっとでも浴びるたびにカウントされて蓄積し、肌老化を進行させてしまうのです。

肌のターンオーバーが正常ならば肌細胞が新しく入れ替われば日焼けした分もゼロになると考えがちですが、それは表皮の話です。

UVAが届く真皮層の入れ替わりには数年かかるとされているので、やはり油断はできないのです。

こうなると、指数の高い日焼け止めを使うしかないと考えがちですが、それはおすすめできません。

屋外スポーツや海などでのレジャーの場合はケースバイケースでよいとしても、SPF値の高い日焼け止めは肌の水分を奪うことにつながるので、肌が乾燥して逆に肌のバリア機能が弱ってしまうことになります。

家事などの日常生活においては、SPFは20程度、PA++程度でよいでしょう。

指数の高い日焼け止めに頼らずに、帽子や日傘、サングラス、薄手の長袖などを上手に利用することもポイントですよ。
bousitosyoujyo-480x374-150x150

もともと肌が弱い、アトピー肌、敏感肌、乾燥肌などの人でも安心して使える日焼け止めがあるので紹介します。

シアバター配合で保湿効果のあるママバターUVケアクリーム(SPF25・PA++)です。

石鹸で簡単に落とせますし、紫外線吸収剤も無添加なので子供もOKの肌に優しい日焼け止めです。
公式サイト→ママバター UVケアクリーム

そして、敏感肌やニキビ肌、アトピー肌でファンデーションに悩んでいる人はエトヴォスの無添加ミネラルファンデーションを使うといいです。

こちらもSPF25・PA++で紫外線対策も兼ねられます。
持ちがよくて自然なカバー力に定評があり、石鹸で洗い流せてトラブル肌でも安心ですよ。

私も気に入っていて、日焼け止めの代わりにも使っています。
公式サイト→【ミネラルファンデーションお試し3点セット】

スキンケアは、保湿しながら美白できるオラクル化粧品が、どんな肌質でも使えるのでおすすめです。

潤いながら自然に明るいハリがある色白肌になりますよ。
公式サイト→7品目を、たっぷり1週間分!【オラクル トライアルキット】