ピューレパールと薬用アットベリーは同じでしょうか?

ムダ毛処理の時の刺激や衣服との摩擦でできてしまう黒ずみはなかなか解消できず、気になるものです。

とくに肌の露出が多くなるサマーシーズンは、気になる黒ずみを一刻でも早く改善したいですよね。

そんなときは美白ジェルの力を借りましょう。

脇などの黒ずみが改善できると人気が高い美白ジェルと言えば、ピューレパールと薬用アットベリーです。

どちらも定評があるので、黒ずみに悩む人にはおすすめです。

とはいえ、正直なところどちらがいいのかを知りたいのが本音かと思います。

そこで人気の高いビューレバールと薬用アットベリーを比較してみたのですが、成分をチェックしたところどちらも有効成分はほぼ変わりませんでした。

有効成分はグリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキスと同じで、黒ずみ改善効果は同じくらいだと考えられます。

そうなると、メイン成分ではなく他の成分の違いから選んでいくことになります。

ピューレパールには米ぬかエキスが配合されていますので、美白効果をより期待できそうです。

臭いケアの成分は両方に入っているのですが、薬用アットベリーには雑菌繁殖を防ぐ働きがある桑エキスが使われており、ピューレパールには雑菌繁殖を防ぐ成分としてハーブのカモミールエキスのビサボロールが使われています。

同じ作用を期待できますので、どちらの成分が好みかで決めることになります。

そして香料を含むのが薬用アットベリーで、ピューレパールは無香料です。

香料は苦手、という人はビューレバールということになりますね。
ピューレパールで黒ずんでしまう脇を美白

このように、成分に関してはどちらも微妙な違いがあるくらいです。

では内容量はどうかというと、ピューレパールの2倍の量なのが薬用アットベリーです。
薬用アットベリーの口コミと効果

一見薬用アットベリーのほうがお得な気がしますが、どちらも表記は1ヶ月分となっているので1回に使用する量の違いと考えられます。

そして気になるお値段は、ビューレバールのほうが気持ちやさしいお値段になっています。

ピューレパールも薬用アットベリーも脇の黒ずみやビキニライン、乳首、二の腕、肘、膝など体の気になる黒ずみを改善するオールインワンタイプの美白ジェルです。

どちらも優れた美白ジェルで甲乙つけがたいのですが、これらの微妙な違いからより好みのほうを選んでもらうことになります。

こうなると、自分の肌に合うかどうか、できれば試供品などで試してから購入したいものですね。

残念ながら試供品はないのですが、代わりにどちらにも60日間の返金保証制度があります。

これなら、万が一選んだほうの美白ジェルが自分の肌が合わなかった場合やテクスチャーが気に入らなかった場合でも安心ですね。

無香料がいい人、ちょっとでも安い方がいい人、
米ぬかエキス入りで美白効果を体験したい人もピューレパールからどうぞ。
公式サイト→エステ級わきの黒ずみ対策ジェル【ピューレパール】

たっぷりの量を使いたい人は、薬用アットベリーから試してみてください。
公式サイト→ワキや二の腕などには黒ずみ専用クリーム!【薬用アットベリー】
0-01