象牙のような美白を追求する食べ物や美白ケア

美白を追求していると、どうしても白人のような
色白さに憧れを抱いてしまうものです。

しかし周知のごとく日本人は黄色人種で、
白人のような白さを手に入れることは難しいと考えられます。

黄色といっても個人差はありますが、
少しでも黄みを抑えたいと言うのであれば方法はあります。

ただし、これは肝臓機能低下による
黄疸でない場合を前提とします。

まず美白に良い食べ物ですが、
ビタミンCとビタミンEをしっかりと摂るようします。
緑黄色野菜を食べるといいです。
yasai2-150x150

ビタミンCはメラニン色素の沈着を防いで
肌を保湿してくれますし、
ビタミンEはメラニン色素の排出を
助けてくれる「若返りのビタミン」です。

そしてみかんなどの食べすぎや
ニンジン・カボチャなどに含まれる
βカロチンの摂りすぎは肌を黄色くしてしまうこともあるので、
必要以上の摂りすぎは注意をしてください。

また、化粧水は美白効果のあるアルブチンや
トラネキサム酸配合のものを選ぶと、
シミやそばかすを抑えて肌の透明度を
アップしてくれるので上手に利用するとよいでしょう。

もちろん肌質に合わないものを
強引に使い続けるのは逆効果ですので、
なるべく無添加で肌に合うものをセレクトしましょう。

そして、顔だけではなくデコルテのお手入れ、
美白も忘れないようにします。

肌の黄みを完全になくすことはできませんが、
キメを整えるなど肌の健康状態をよくして
透明度をアップさせることで、
黄色人種にしかなれない
象牙のような美しい白さを手に入れることが出来ます。

紫外線も浴びないように注意したいですね。
日傘や帽子の他に無添加の日焼け止めも塗るといいです。
★私が日頃愛用している日焼け止めは
石けんで洗い落とせる無添加のミネラルファンデーションです。
UVカット効果もSPF25でPA++なので日焼け止めにも
なりますし肌をナチュラルに綺麗にカバーしてくれます。
ニキビ肌でも乾燥肌でも使えるのでお気に入りです。
公式サイト→【ミネラルファンデーションお試し3点セット】

あとはアウトドアで手足に塗る必要があるときや、
顔の下地には、無添加で石けんで洗い流せる
SPF25でPA++のママバターUVケアクリーム
塗っています。

そして日焼け止めをしっかり使った後は
綺麗に落として無添加でお肌に優しい
保湿スキンケアをしっかりすることが大事です。
日焼け後などトラブル肌等に良い無添加の化粧品の
具体例はこちらを参考にどうぞ。
トラブル肌に良い具体的な無添加化粧品は?

★なお美白に良い無添加の石けんでは
保存料も着色料も防腐剤も無添加
安心材料から出来ているくすみ専用洗顔石けんの
二十年ほいっぷが美白効果も高く人気です。
もっと詳しくは、二十年ほいっぷの
販売店の北の快適工房の公式通販サイトをどうぞ
↓    ↓
くすみ用洗顔石けん『二十年ほいっぷ』

関連記事: