日焼けの元凶は3種類の紫外線

日焼けの元凶は3種類の紫外線

地球に到達する太陽光線のうちでも
波長の短い、エネルギーの大きい光が紫外線です。

紫外線にはA波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)の3種類があり、
波長の長さで分けられています。

地球に届く紫外線の9割以上は
波長が長く有害性の低いUVA波ですが、
ガラスやカーテンや服も通り抜けてしまいます。

有害性が低いとはいえ、
コラーゲンやエラスチン線維を壊し
活性酸素を発生させて遺伝子を傷つけ、
皮膚免疫力を弱めてしまいます。
シミやシワ、たるみなどの肌の老化の原因になるのです。

UVA波は雲も通り抜けるので、
曇りの日や天気の悪い日でも日焼け止め対策は必須です。

次にUVB波ですが、
これは表皮のDNAや細胞膜を壊してしまい
表皮に炎症や火傷を引き起こします。
UVA波より強力で、短時間で
ダメージを与えられてしまいます。

このダメージによって傷つけられた細胞は
皮膚ガンへと発展する恐れもあるのです。

さらにUVB波より強力なのが、UVC波。
UVC波は通常はオゾン層で吸収されて
地表に届かないとされていますが、
フロンガスなどによるオゾン層破壊が
進むと地表に届く可能性も出てきて
非常に危険と考えられています。

紫外線は殺菌作用や体内でビタミンDを作る作用、
血行を良くして新陳代謝を促進する作用など
メリットもあるのですが、有害性を考えると
無防備に太陽を浴びるわけにもいきません。

とくに5月から6月にかけては
1年のうちで一番紫外線量が多く、
午前10時から午後3時までは要注意の時間帯です。

また7月から8月はUVB波が増えます。
帽子やサングラス、日焼け止めや日傘や
UVカットの衣類などを上手に利用して、
目や肌を紫外線のダメージから守りましょう。
bousitosyoujyo-480x374-150x150

★私が日頃愛用している日焼け止めは
石けんで洗い落とせる無添加のミネラルファンデーションです。
UVカット効果もSPF25でPA++なので日焼け止めにも
なりますし肌をナチュラルに綺麗にカバーしてくれます。
ニキビ肌でも乾燥肌でも使えるのでお気に入りです。
公式サイト→【ミネラルファンデーションお試し3点セット】

あとはアウトドアで手足に塗る必要があるときや、
顔の下地には、無添加で石けんで洗い流せる
SPF25でPA++のママバターUVケアクリーム
塗っています。

そして日焼け止めをしっかり使った後は
綺麗に落として無添加でお肌に優しい
保湿スキンケアをしっかりすることが大事です。
日焼け後などトラブル肌等に良い無添加の化粧品の
具体例はこちらを参考にどうぞ。
トラブル肌に良い具体的な無添加化粧品は?

関連記事: