ラウディ BB&CCクリームの全成分と他との違い

ラウディ BB&CCクリームの全成分と他との違い

スキンケアとベースメイクが1つになったBBクリームやCCクリーム。

これらの商品は日本でも大ブームを巻き起こしました。

しかし、BBクリームはカバー力は強いけれど透明感は損なわれ、逆にCCクリームは艶感や透明感は演出できますが、シミやそばかすは隠すことが難しいとされてきました。

そこで、BBクリームのメリットとCCクリームのメリットを独自の処方で組み合わせることに成功したのが、他にはないBB&CCクリームです。

では、一体どのような成分で作られているのかご覧ください。

「ラウディBB&CCクリーム 全成分」

<< BB&CCクリーム 全成分 >>

水、トリエチルヘキサノイン、グリセリン、BG、イソステアリン酸、リンゴ酸ジイソステアリル、トリエトキシカプリリルシラン、
ヒアルロン酸Na、サクシノイルアテロコラーゲン、セラミドNS、セラミドNP,セラミドAP、セラミドEOP、セラミドEOS、
グルコシルセラミド、シラン根エキス、ダマスクバラ花水、ビルベリー葉エキス、サクラ葉エキス、カミツレ花エキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花 / 葉 / 茎エキス、フユボダイジュ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、ナツメ果実エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、プルーン分解物、カプロオイルフィトスフィンゴシン、カプロオイルスフィンゴシン、コレステロール、
遺伝子組換カイコヒト遺伝子組換ポリペプチド-47、α-グルカン、キサンタンガム、カルボマー、セタノール、水酸化K、ベヘン酸、セテアレス-25、含水シリカ、シリカ、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、酸化チタン、酸化鉄、水酸化AL
ラウディ BB&CCクリームの本音の口コミ!敏感肌でも大丈夫?

成分を見ていただくと分かるように、敏感肌の方でも安心して使える低刺激処方となっているのでぜひお試しくださいね!

公式サイト↓

u

関連記事: