くすみの原因の活性酸素対策

くすみの原因の活性酸素対策

顔のくすみは暗いイメージがあり、見た目年齢もあげてしまいます。

この「くすみ」の大きな原因のひとつは、活性酸素。

活性酸素は実は体にとって必要なものでもあるのですが、過剰に発生することで老化を進めてしまいます。

そして過剰な活性酸素を抑えることができれば、気になるくすみも改善されていくのです。

このようなことから、活性酸素はアンチエイジングの敵だと言われているのですね。

ただし、体にとって必要な働きをしてくれるということも確かです。

体内に侵入した細菌などを白血球やマクロファージなどの免疫機能の一部として攻撃し、排除してくれますし、エネルギー生成の際に余ってしまった水素と結合して水になり、体外へ排出するなど、健康維持にも貢献してくれているのです。

しかし、活性酸素が必要以上に発生してしまうと、体を酸化させるほうに使われてしまい、体の老化を促してしまいます。

活性酸素が過剰に生じてしまうと、シミやしわ、ソバカスなどの美容面の老化や、動脈硬化、糖尿病、ガン、老人性痴呆症などの引き金にもなると言われていますので、この不必要な分については対策が必要なのです。

対策としては、まずは活性酸素が過剰に発生しないようにできる範囲で身を守ることが大切です。

活性酸素は普段の呼吸によっても発生しますが、それ以外にも紫外線やたばこ、ストレス、排気ガス、食品添加物、激しいスポーツ、電磁波などが原因となって生じます。

ですから、なるべくこのような原因から遠ざかる生活を心がけるようにするとよいでしょう。

そして、抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂るようにするのも有効です。

ビタミンEが多く含まれているアーモンドなどのナッツ類や緑黄色野菜(カボチャ、人参、ホウレン草など)、バナナ、アボカド、ニンニクやしょうがなどが抗酸化作用があることで知られていますよ。

よく、アンチエイジングにアーモンドを毎日20粒食べるといい、という話も聞きますよね。

これは、ビタミンEの1日の摂取目安量が成人女性で6.5mgと言われていますので、ここからアーモンドに換算すると20粒がベストとなるためです。

アーモンドだけでなく他の食材からも摂る場合はアーモンドの食べる量を調整できますし、とても手軽で便利なので注目されているんですね。

アーモンドなどが食べれないという場合は、無理せずに他にも方法はあります。

たとえば「水素水サプリ」などはおすすめです。

水素は活性酸素と結び付いて無害な水となって体外に排出されますから、過剰な活性酸素の除去にはもってこいです。

また、くすみだけでなくシミや小じわもある時は、美白医薬品のロスミンローヤルを飲むとさらに効果的ですよ。
ロスミンローヤルの美白効果と口コミ
公式サイト↓
シワ・しみに飲んで効く医薬品【ロスミンローヤル】
rosuminkounou
食べ物以外の対策としては、くすみを消すと評判の洗顔料「二十年ほいっぷ」などはおすすめです。
二十年ほいっぷ 口コミ
顔だけでなく全身に使えます。
公式サイト→くすみをなくす『二十年ほいっぷ』


このように活性酸素対策は気軽に始められますので、くすみをはじめとする老化現象が気になる方は、ぜひ今日からでも抗酸化生活を始めてみて下さい。

関連記事: