顔色の悪さや目元のクマを消す方法

顔色の悪さや目元のクマを消す方法

メイクをする時や、撮った写真を見るときに、自分の顔をまじまじと見ますよね。

そんなとき、自分の顔色の悪さが気になったことはありませんか?

なんだかくすんでいたり、色味が悪かったり、目元のクマが目立っていたり…と、お化粧でカバーできていないことが発覚したらショックですよね。

顔色を良くして、明るい印象を与えるためには普段のメイク以前に何をすればいいのでしょうか。

体の内側から顔色を調整しよう!

顔色が悪いといえば体調不良が思い浮かびますが、その多くは血行不良によって顔色が悪くなっているということが考えられます。

血行を良くするためには、睡眠不足の解消や疲労回復、体の冷えを取ることが重要です。

特にこれからの季節はクーラーや冷たい食べ物、飲み物で思いがけず身体を冷やしてしまうことがあります。

そういった身体の冷えに気をつけ、しっかり睡眠を取ると青白い顔色になることは防げます。

また、老廃物が溜まってしまって顔色が悪く見えてしまう場合もあります。

外側から解消しよう!

また、顔色が悪いケースとして、茶色っぽくなってしまう場合もあります。

その場合は老廃物がたまり、リンパの流れが悪くなって、余計なものが「詰まっている」状態になっているといえます。

ですのでリンパマッサージをしてあげ、顔全体をすっきりとさせてあげることが大事です。

また、老廃物が溜まる理由として過度な飲酒も考えられます。

その場合は肝臓機能が弱まっているので、飲酒を控えてスッキリとした状態の体に戻してあげることも大事です。

目の下のクマが消えない?!

顔色の問題が解決したところで、しつこい目の下のクマはなかなか取れませんよね。

クマでなく、メイクなどの色素が沈着してしまっている場合もありますので、まずはクマなのかそうでないのか見極める必要もあります。

茶色のクマの場合は色素沈着ですので、美白効果のあるアイテムを使用して落としていくことが地道な方法と言えます。

また、レーザー治療を行っているサロンや医院も多くあります。

身体の不調からくるクマであった場合は2種類のクマにわけることができます。

まずは、青色の青グマです。

こちらは顔色が青白くなるのと同じで、血行不良からくるものです。

ですので血行を良くし、マッサージをしてあげると効果が得られます。

目の下専用のビタミンが配合されたマッサージクリームなども販売されています。

また、ホットアイマスクなどで温めてあげるなどして、血行を良くしてあげるなども効果てきめんです。

もう1方のクマは、黒ずんでしまう黒グマです。

こちらは皮膚の問題になってきます。

年齢によるたるみやシワが原因で、皮膚が黒ずんでしまった状態です。

こちらはメイクで隠そうとしたりしても余計目立ちますし、美白効果も効き目がありません。

肌にハリをつけることが必要となってきます。

ヒアルロン酸の注入や、たるみ除去などをクリニックでしてもらうことが1番効果的です。

できてしまう前の予防が重要ですね。

まとめ

クマにしろ、顔色にしろ、普段から気をつけて見てあげることが大切になってきます。

顔に馴染んでしまい、疲れたイメージが定着する前に、しかるべき対処をとってあげましょう。

そして顔色よく好感度の高い表情で過ごせるといいですね!

◆なお本格的に顔色の悪さや目元のクマを改善してなおかつ顔のたるみやくすみも解消したいときは、ホワイトニングリフトケアジェルを使うとより効果的です。

美白とリフトアップを両方叶えるオールインワンジェルだからです。
Grace&Lucere薬用美白ホワイトニングリフトケアジェルの口コミ
保湿しながら目元のクマも薄くして顔色も良くしますし顔のたるみや小じわを改善する美白マッサージジェルがホワイトニングリフトケアジェルです。
公式サイト↓
ホワイトニング リフトケアジェル

u

関連記事: