イビサクリームと薬用アットベリーの違いと選び方

最近発売して注目されているイビサクリームと、数年以上前に発売してからずっとリピートされている人も多い薬用アットベリー。

どちらも気になるお肌の黒ずみを改善してくれる優秀なコスメですが、今回は成分や目的の違いをご紹介したいと思います。

そして迷ったときの選び方のコツもまとめます。

まず、イビサクリームは2014年秋に発売したばかりの新商品。

黒ずみ改善コスメといっても、主な用途はなんとデリケートゾーン(VIOライン)なんです。

一方、ベストセラーコスメの薬用アットベリーは、脇、ひじ、ひざの黒ずみ改善に定評があるジェルです。

知名度も高いですよね。

この2つの大きな違いは美白成分です。

イビサクリームは、黒ずみの原因となるメラニンの生成をブロックするトラネキサム酸を配合しています。
イビサクリームの口コミとVIO黒ずみ改善効果
アットベリーは、細胞の修復、再生を促進するプラセンタを配合しています。

新たな黒ずみ発生を抑えるのがイビサクリームで、できた黒ずみをターンオーバーで早めに新しい肌に生まれ変わらせるのがアットベリーというわけです。
薬用アットベリーの口コミと効果
でも、イビサクリームに配合されているトラネキサム酸とグリチルリチン酸は肌の生まれ変わりを促進し、肌を整えて、できている黒ずみを薄くする働きもあります。

つまり、トータルケア的な要素が強いのはイビサクリームなのです。
イビサクリーム公式サイト↓

ただし、トラネキサム酸は、赤みやかゆみが出る人も稀にいるため、肌に合わなければ、使いにくい可能性があります。

ですからイビサクリームを試してみてかぶれた方や、最初から敏感肌なので心配そういう場合には、とにかく肌のターンオーバーを促して美肌にもしてくれるアットベリーを使用するのがおすすめです。
アットベリー公式サイト↓
ワキや二の腕などには黒ずみ専用クリーム!【薬用アットベリー】
atberry

関連記事: