頬の大きなシミを薄くする美白ケアとは?

頬の大きなシミを薄くする美白ケアとは?

人の外見を、実年齢よりも大幅に老けて見せてしまうもののひとつとして、頬に浮かび上がるシミが挙げられると思います。

シミでお悩みの方はかなりの数にのぼるのではないでしょうか。

シミを根本的に治療する特効薬のようなものはまだ開発されていないとはいえ、美白化粧品やコンシーラーで毎日をしのいでも、シミ自体を消す、または薄くすることにはつながりません。

シミは、お肌の健康を取り戻すことなしに薄くすることはできないのです。

今回は、毎日続けていくことでシミを薄くすることができるケアについてご紹介していきます。

シミは、老人性色素斑と、肝斑と呼ばれる2つに大別することができます。

老人性色素斑とは、紫外線のダメージが除去しきれずにお肌に蓄積され、シミの原因であるメラニンが大量に作られ続けた結果としてお肌に表出してくるシミです。

老人性色素斑は、濃い褐色ゆえに、健康なお肌との境目がはっきりしていることが特徴です。

一方の肝斑は、顔の両側の頬に、左右対称で現れるシミです。

肝斑は、紫外線を直接の要因とはせず、ストレスや出産などを原因としたホルモンバランスの乱れから、メラニンが大量に分泌される状態が続くことでお肌に現れます。

発生原因は異なるとはいえ、どちらのシミも、お肌にメラニンが沈着している状態であることには変わりがありません。

したがって、その解決策も自然と似通ってきます。

ここからは、シミを薄くするためには欠かせない、お肌の健康を取り戻す方法についてご紹介していきます。

一度沈着してしまったシミを薄くすることは、お肌の細胞を生まれ変わらせる働きである「ターンオーバー」の力を借りることなしには成功しません。

このターンオーバーの活動により、個人差はありますが、28日周期でお肌の一番外側に位置している表皮細胞が垢として剥がれ落ち、すぐ下の細胞が新たな表皮細胞としての役割を担うといわれています。

ターンオーバーの周期が早すぎた場合、未熟な細胞が過酷な環境である表皮に立たされることとなり、新たな刺激に対して十分に戦うことができず、余計なシミを増やしてしまう要因の一つとなりかねません。

一方、ターンオーバーの周期が遅すぎても、古くなり硬くなった表皮細胞が残り続けることとなり、その下に控えているシミがいつまでたっても剥がれ落ちることがありません。

ターンオーバーの周期を安定させるためには、健康的な生活を送ることが不可欠です。

まずは睡眠時間をしっかりと確保することに努めましょう。

夜の10時から翌2時までの間に睡眠を摂ることで、ターンオーバーの働きが活性化されます。

また、適度な運動を心がけることもターンオーバーを活性化させるために重要となってきます。

運動をすることで血流がスムーズになれば、それだけ身体全体にくまなく栄養素が行き渡ります。

栄養素についても触れていきます。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する効果があり、既に発生してしまったシミが濃くならないようにもしてくれる他、今後のシミの予防にもつながります。

体内に保持しづらい栄養素でもあるので、こまめな摂取をおすすめします。

併せて、ビタミンEを摂取することも効果的です。

ビタミンEは血行を良くする効果があるので、ターンオーバーの活性化にも一役買ってくれるのです。

このように、シミを根本から取り除くためには、お肌の健康を取り戻す活動を毎日こつこつと続けていくことが重要なのです。

地道な努力は、かならず実を結びます。

見た目年齢を若返らせるためにも、上記の対策をしっかりと続けていきましょう。

◆なお本格的に顔のシミ・くすみ・たるみや小じわなど年齢肌を解消したいときは、ホワイトニングリフトケアジェルを使うとよいです。

美白とリフトアップを両方叶えるオールインワンジェルだからです。
Grace&Lucere薬用美白ホワイトニングリフトケアジェルの口コミ
保湿しながら顔のシミ・くすみ・たるみや小じわもケアする薬用美白マッサージジェルがホワイトニングリフトケアジェルです。
公式サイト↓
ホワイトニング リフトケアジェル

u

関連記事: