日焼け止めの「SPF」「PA」の意味

日焼け止めの「SPF」「PA」の意味についてです。

日焼け止めの効果を示す指標に
「SPF」と「PA」の二種類があります。

SPFは紫外線B波(UVB)を防ぐ効果を表し、
PAは紫外線A波(UBA)を防ぐ強さを表します。

SPF20、SPF50など、SPFの
すぐ後ろに示されている数字は
UVBを防ぐ強さではなく、
どのくらいの時間UVBを防ぐ効果
続くのかという意味を示しています。

SPF1はUVBを20分防げるという意味なので、
SPF50であれば20分×50=1000分。
つまり日焼けによる炎症を引き起こす
UVBから16時間40分も
肌を守ってくれるということになります。

次にPAですが、こちらは肌を黒くする
紫外線A波(UVA)を防ぐ強さを「+」の数で表します。

昨年までは「+」が一つから三つまでの三段階でしたが、
今年からさらに強力な「++++」(フォープラス)も加わっています。

絶対に日焼けしたくないとどちらも
最強の「SPF50 PA++++」を
選びたくなってしまいますが、
数字の大きさや+の量に比例して
肌への負担は大きくなっていくので注意が必要です。

ですから、シーンに合わせて日焼け止めを
チョイスするのがよいでしょう。

一般的には、買い物やお散歩などの
日常生活ではSPFは10〜20、
PAは++くらいで十分だと言われています。

そして炎天下でのスポーツや
レジャーなどの特別な場合でも
無添加の日焼け止めをマメに塗り直すといいです。
帽子やUVカットの服も必須です。
bousitosyoujyo-480x374-150x150

強すぎる日焼け止めは、特に
肌がデリケートな人には負担が大きいので、
敏感肌用の無添加の日焼け止めを利用したり、
もう少し数値の低い日焼け止めを
こまめに塗り直すなどが必要になってきます。

UVケアは大切ですが、それで
肌が荒れてしまうことのないように慎重に選びましょう。

★私が日頃愛用している日焼け止めは
石けんで洗い落とせる無添加のミネラルファンデーションです。
UVカット効果もSPF25でPA++なので日焼け止めにも
なりますし肌をナチュラルに綺麗にカバーしてくれます。
ニキビ肌でも乾燥肌でも使えるのでお気に入りです。
公式サイト→【ミネラルファンデーションお試し3点セット】

あとはアウトドアで手足に塗る必要があるときや、
顔の下地には、無添加で石けんで洗い流せる
SPF25でPA++のママバターUVケアクリーム
塗っています。

そして日焼け止めをしっかり使った後は
綺麗に落として無添加でお肌に優しい
保湿スキンケアをしっかりすることが大事です。
日焼け後などトラブル肌等に良い無添加の化粧品の
具体例はこちらを参考にどうぞ。
トラブル肌に良い具体的な無添加化粧品は?

関連記事: