ハトムギCRDエキス+舞茸エキスは効かないって本当?効果を出すコツは?

ハトムギCRDエキス+舞茸エキスは効かないって本当?効果を出すコツは?

年齢とともに肌荒れやシミ、しわ、たるみ、むくみといったお肌にまつわる悩みがなかなか解消されなくなってきたと感じることはありませんか?

それらはもちろん年齢にともなう、身体の機能低下ももちろん原因として挙げられます。

しかし、同年代でもお肌をキレイに保ている方がいることも事実です。

そこで今回は、失われた肌機能を回復する日本古来の成分に着目したハトムギCRDエキス+舞茸エキスの効果を検証するとともに、効かないという口コミの原因を探って見たいと思います。

効果を最大限に引き出すコツもお教えしますので、どうぞ最後までお付き合いくださいね。

昔からハトムギには美容効果が感じられていたこともあり、多くの化粧品や美容商品に採用されてきました。

古くは中国において、宮廷料理における美容食として提供され、日本でも江戸時代からイボをとるためにハトムギ茶を飲むことを推奨する内容が記載されいるといいます。

そんなハトムギには、身体の機能を正常に働かせてくれるアミノ酸、よどみのない身体作りをサポートしてくれるカリウム、ハリのあるお肌をもたらしてくれるマグネシウム、生命の維持に欠かせない亜鉛、お通じを改善しれくれる食物繊維など豊富な栄養素が含まれています。

そんな機能的な成分を含んでいるのが、ハトムギの皮であることが近年発見されました。

こうしたハトムギの嬉しい部分をエキス化し、抽出したのがハトムギCRDなのです。

CRDとは、Coix-seed Reactive Derivativesの略で、ハトムギ反応生成物を意味します。

さらに、日常スーパーや外食でもよく目にする舞茸には、美容効果が高いことがわかり、改めてその効果が注目されています。

なかでも美肌に効果を発揮することがわかっており、美容家たちの間では舞茸を取り入れたレシピやサプリに人気が集まっているようです。

舞茸に美肌効果が高いのは、お肌の潤いを保ってくれるトレハロースに、お肌の修復・再生に欠かせないビタミンB2、カリウム、食物繊維、シミやソバカスの生成のもととなるメラニン色素の発生を抑えてくれるチロシナーゼ阻害物質が含まれているからなのです。

そんな美容効果の高い成分が含まれているハトムギCRD+舞茸エキスですが、なんとハトムギCRDエキスが、1000mgも含まれていることが特徴です。

では、ハトムギCRDエキス+舞茸エキスに効果を感じられないという方は、どのような感想をあげているのでしょうか。

・即効性が感じられない

・なかなか効果が実感できない

・体質に合わないのか、お腹の調子が悪くなった気がする

一方、効果を感じられた方は、

肌荒れ(ニキビ、毛穴詰まり)が改善された

・むくみを感じなくなった

透明感のあるお肌になってきた

・ハリ・ツヤが出てきた

などが見られます。

では、効果を感じるためにはどのようにしたら良いのでしょうか。

まず、ハトムギは古来から食事やお茶を通して継続して摂取することで効果が認められてきた食品です。

漢方にも用いられていますが、漢方も食品も、即効性という点では西洋薬に劣ることは事実です。

したがって、毎日1日の規定量である5粒をお肌や身体のサイクルにも合わせて約1ヶ月は継続して飲むことをおすすめします。

また、ハトムギや舞茸には食物繊維が豊富に含まれているため、お腹をゆるくしやすい方などは少し減らしたり、様子を見てみる、あまりにお腹の調子が良くなりすぎるという場合は控えるなど身体の状態を見つつ、摂取しましょう。
ハトムギCRDエキス+舞茸エキスの口コミ効果!他のサプリとの違いは?

なかなか改善されなくなった年齢肌の悩み。

ハトムギに舞茸という食品由来の安心成分を配合した、ハトムギCRDエキス+舞茸エキスで、身体の内側から輝くお肌を取り戻してみてはいかがでしょうか。

公式サイト↓
ハトムギCRDエキス+舞茸エキス

us

関連記事: