顔・首・デコルテ・手の甲を美白したい!裏技とかある?

顔・首・デコルテ・手の甲を美白したい!裏技とかある?

あなたは、肌のお手入れをどうされていますか?

漠然として質問でわかりづらいですね。

顔だけでなく体のお手入れもしていますか?

きっと多くの方が、スキンケアという顔のみで、体に関しては行っていないのではないでしょうか。

やはり顔の美白は力を入れているけれど、他は全く何もやっていないという方が多いと思います。

しかし、顔は透明感のある白さなのに、首は真っ黒ではバランスが悪いですよね。

デコルテも、つい見落とされがちではないでしょうか。

他にも、手の甲など、顔の色と比較されがちな部位はあちこちにあります。

このように、首やデコルテ、手の甲なども顔と同様に、きちんとお手入れをすることで本来の色を取り戻すことができるのです。

そこで、それぞれのお手入れのコツを紹介します。
「顔・首・デコルテ・手の甲を美白したい!裏技とかある?」の続きを読む…

冬だからか美白化粧品で肌荒れ!冬の美白対策を教えて!

冬だからか美白化粧品で肌荒れ!冬の美白対策を教えて!

冬は特に乾燥しますので、肌のバリア機能が失われた状態で美白化粧品を使用すると、刺激が強すぎて、肌が荒れてしまう事があります。

美白化粧品は、肌を白くしたり、シミを薄くしたい方が選びますが、美白成分は実は、敏感肌や乾燥肌の方には向いていないかもしれません。

冬は特に保湿メインにした方が良いと思います。

私自身も乾燥肌ですので、美白化粧品を使うと、肌荒れしたり、乾燥がひどくなったりした事があります。

美白成分は、植物から抽出したエキスを使う他に、科学合成された成分を含む物もあり、肌のメカニズムを抑制したりしてしまうのです。

ですから、肌に異常が現れたら、勿体無いからと言って、使い続ける事は好ましくありません。

肌の状態が悪化してしまう可能性があります。
「冬だからか美白化粧品で肌荒れ!冬の美白対策を教えて!」の続きを読む…

黄肌から色白になるスキンケアはある?

黄肌から色白になるスキンケアはある?

人によって肌の色が異なりますが、大きく分けるとイエローベースとブルーベースの2つがあることをあなたはご存知ですか?

欧米人は比較的ブルーベースが多いのですが、日本人はイエローベースの方が多い特徴があります。

そのため、肌に透明感は演出しにくく、さらに欧米人ほど色が白くないのが特徴的ですが、黄肌から色白に導くためには毎日使うスキンケアがとても重要となってきます。

美白効果が高い成分として一般的に知名度が高いのは、

プラセンタ
アルブチン
ビタミンC誘導体

このような成分となっており、美白と書かれているスキンケアアイテムの多くには有効成分として使われています。

特にビタミンCの100効果のを安定化して化粧品に取り入れたビタミンC誘導体は、美白効果の代表とも言われている成分です。

しかし、ビタミンC誘導体は肌に負担をかけることなく浸透してくれる大きな特徴がある反面、生のビタミンCと比較してしまうとどうしても美白効果が衰えてしまうのが特徴的です。

そこで美白に効果的なスキンケアとしてお勧めしたいのが、世界の特許技術で純粋な生のビタミンCを肌に直接取り入れることができるビタブリッドCフェイスです。
「黄肌から色白になるスキンケアはある?」の続きを読む…

肌が黄色いのは治る?少しでも色白になるには?

肌が黄色いのは治る?少しでも色白になるには?

ある日鏡を見たら自分の顔が黄色く見えた。

あなたはこんな経験ありませんか?

もしも以前に比べて鏡に映った顔が黄色く感じたのなら、その理由は顔がくすんでいるからなのかもしれません。

顔がくすんでしまっている主な原因は、

加齢
紫外線
誤ったスキンケア

この3つが考えられますが、どんな理由であっても今の肌状態よりも向上させる方法は必ずあります。

そこで少しでも白く透明感あふれる肌になりたいと考えているあなたにお勧めなのが、純粋なビタミンCを肌に取り入れることができるビタブリッドCフェイスです。
「肌が黄色いのは治る?少しでも色白になるには?」の続きを読む…

くすみの原因の活性酸素対策

くすみの原因の活性酸素対策

顔のくすみは暗いイメージがあり、見た目年齢もあげてしまいます。

この「くすみ」の大きな原因のひとつは、活性酸素。

活性酸素は実は体にとって必要なものでもあるのですが、過剰に発生することで老化を進めてしまいます。

そして過剰な活性酸素を抑えることができれば、気になるくすみも改善されていくのです。

このようなことから、活性酸素はアンチエイジングの敵だと言われているのですね。

ただし、体にとって必要な働きをしてくれるということも確かです。

体内に侵入した細菌などを白血球やマクロファージなどの免疫機能の一部として攻撃し、排除してくれますし、エネルギー生成の際に余ってしまった水素と結合して水になり、体外へ排出するなど、健康維持にも貢献してくれているのです。

しかし、活性酸素が必要以上に発生してしまうと、体を酸化させるほうに使われてしまい、体の老化を促してしまいます。

活性酸素が過剰に生じてしまうと、シミやしわ、ソバカスなどの美容面の老化や、動脈硬化、糖尿病、ガン、老人性痴呆症などの引き金にもなると言われていますので、この不必要な分については対策が必要なのです。

対策としては、まずは活性酸素が過剰に発生しないようにできる範囲で身を守ることが大切です。

活性酸素は普段の呼吸によっても発生しますが、それ以外にも紫外線やたばこ、ストレス、排気ガス、食品添加物、激しいスポーツ、電磁波などが原因となって生じます。

ですから、なるべくこのような原因から遠ざかる生活を心がけるようにするとよいでしょう。

そして、抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂るようにするのも有効です。
「くすみの原因の活性酸素対策」の続きを読む…