BIHAKU(ビハク)ホワイトエッセンスの全成分や材料!どれが良いの?

BIHAKU(ビハク)ホワイトエッセンスの全成分や材料!どれが良いの?

まるで消しゴムで消したような美白効果が期待できると大注目を集めている人気の美白化粧品が、BIHAKU(ビハク)ホワイトエッセンスです。

シミは一度発生してしまうとなかなか改善することができない肌悩みの1つです。

年齢を重ねるごとに徐々に悪化していき、メイクで隠すためには、ベースメイクをかなり分厚くしないといけません。

そもそもシミが発生してしまう最大の理由は紫外線です。

私たちは紫外線を浴びると、体内で活性酸素が大量に発生し、その結果メラニン色素が増加して酸化してしまうことにより色素沈着を引き起こします。

つまり、紫外線を完全に防止する生活を行うことが難しいため、活性酸素とメラニンの増加を抑えることにより、シミを改善することができるというわけです。

BIHAKU(ビハク)ホワイトエッセンスには、ノーベル化学賞受賞成分として注目されているフラーレンが配合されていました。

フラーレンは活性酸素を取り去る作用やメラニンを抑制する作用などが認められており、なんとビタミンCの170倍以上の効果だと言われています。

さらにコラーゲン生成能力もあるため、プラセンタの800倍以上の力でコラーゲン生成を促してくれるため、保湿力も高いのが特徴的です。

他にもシミやシワを根本から改善する成分として、ビタミンC誘導体の100倍の浸透力とも言われている「APPS」や、ヒアルロン酸の130%の蓄水力とも言われている「プロテオグリカン」
さらに、細胞を活性化する最新美容成分として幹細胞エキスが配合されています。

幹細胞エキスは使い続けるほどに肌のたるみを引き締めてキメの整ったなめらかな状態へと導きます。
与えるだけのエイジングケアではなく、肌本来の力を目覚めさせることにより自らが美しくなろうとするパワーを引き出してくれるのも特徴的です。

では続いて、BIHAKU(ビハク)ホワイトエッセンスに含まれている全成分をご覧ください。

「BIHAKU(ビハク)ホワイトエッセンス 全成分」

水、グリセリン、ペンチレングリコール、BG、フラーレン、パルミチン酸アスコルピルリン酸3Na、水溶性プロテオグリカン、セレブロシド、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、プラセンタエキス、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、アルギニン、オリーブ油、エタノール、キサンタンガム、カルボマー、PVP、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、トロポロン、(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル、ポリソルベート60、フィトスフィンゴシン、コレステロール、ラウロイルラクチレートNa、フェノキシエタノール

配合されている成分を見ていただくと分かるように先ほどご紹介した成分だけではなく豊富な美容成分も配合されています。

美白しながらエイジングケアも同時に行ってくれるBIHAKU(ビハク)ホワイトエッセンス。

BIHAKU(ビハク)ホワイトエッセンス の口コミ効果!シミ悩み解消の噂は本当?

ぜひ試してみて下さい。

公式サイト↓
9857
rs

関連記事: