アトピー肌や敏感肌でも安心な美白スキンケアのコツ!

アトピー肌や敏感肌でも安心な美白スキンケアのコツ!

アトピー肌とは究極の敏感肌です。

アトピー肌にも効果のある美白ケアを考えると敏感肌にも同じ効果があると思われます。

ですから、アトピー肌の美白ケアについて考えていくことにします。

美白は肌全体とポイントでするケアの2つがあります。

ポイントでケアすると肌の悪い状態の集中ケアになってしまいます。

アトピー肌の場合、結局肌全体のケアをすることと同じになってしまうので、肌全体のケアをするとよいでしょう。

アトピー肌は、肌本来の皮膚のバリア機能、保湿機能がトラブルを起こしています。

肌を掻き毟ったり、肌にあわない化粧品を使用して、黒ずみや色素沈着になってしまってませんか。

掻き毟った傷が紫外線を浴びて、メラニン色素が大量に生成されて、黒ずみや色素沈着の原因になるのです。

アトピー肌の黒ずみは、加齢や紫外線の刺激によってできるシミと同じ過程で起こります。

アトピー肌は肌のバリア機能が弱まった状態になっているので、刺激に敏感になっています。

そのため美白ケアをしても、普通肌より美白効果を得ることが難しくなっています。

アトピー肌の美白には、肌にダメージを与えない低刺激化粧品を選ぶことが必要です。

美白ケアの他に肌本来のバリア機能、保湿機能を改善する成分が配合されている化粧品を使うとよいでしょう。

バリア機能の主成分であるセラミドを補う、セラミドを産生する機能を育てるなどの成分の入った化粧品で保湿機能を補います。

セラミドが不足すると肌のバリア機能が低下し、外部刺激に弱くなって簡単にアレルゲンなどの侵入を許し、少しの刺激でも痒みを感じかりします。

また、肌の内部の水分も失われやすい状態になって、皮膚が乾燥して痒みがますという悪循環になってしまいます。

アトピー肌の黒ずみの原因の掻き毟りによる色素沈着をふせぐためにも、しっかりと保湿しましょう。

保湿ケアをしっかりと継続すれば、少しずつ黒ずんだ色素沈着が消えていき、元の肌色に戻っていきます。

そして、黒ずみの原因となるメラニン色素に効果があるビタミンC誘導体の成分が配合された化粧品がよいです。

低刺激の美白化粧品を使う他に、紫外線をなるべく浴びないように心がけることも大切です。

可能であれば低刺激の日焼け止めをぬり、日傘や帽子、ストール、UV手袋を使って日ごろから腕やデコルテ部分も紫外線に当たらないように気をつけるようにしましょう。

サングラスやサンバイザーをするのも有効です。

アトピー肌の美白ケアには、乾燥からくる掻き毟りで紫外線を浴びて色素沈着することに対しての対応が重要になってくるでしょう。

・保湿機能の高い低刺激化粧品でスキンケアする。

・メラニンの生成を抑える美白成分の入った化粧品を選ぶ。

・普段から紫外線を浴びないようにする。

以上の3つを守ると美白につながっていくと思われます。

◆なお、アトピー肌もケアしながら美白にもつながるのが、新型ビタミンCで12時間パックにもなる!と人気のビタブリッドCフェイスです。

手持ちの化粧水やクリームに混ぜるだけで肌から新鮮なビタミンCを補給できる画期的なアイテムなのです。
シミ・シワ改善で話題のビタブリッドCフェイスの効果とは?
私も実際に使っていますが、くすまなくなって透明感が出ていますしお肌の調子が良いので気に入っています。

12時間作用が持続するのが特徴です。

特にアトピー肌や敏感肌での美白ケアやシワケアには、ビタブリッドCフェイスがぴったりです。
公式サイト↓


u

関連記事: