顔色とくすみの関係

朝、鏡を見ると顔色が暗いかもしれないと
思うことはよくありますよね。

首の色と顔の色を比較してみると、
首の色よりも顔の色が暗く見えたら
それはくすみが発生しているサインです。

今回は顔色とくすみの関係について
解説していきたいと思います。
くすみといっても原因は一つではなくて
様々な原因があります。

まず「乾燥」によるくすみです。
原因は空気の乾燥、肌の保湿不足、
洗顔のしすぎなどです。

乾燥によって、皮膚のバリア機能が
低下してしまい、肌のキメが乱れます。

光に当たったときにキメが綺麗に
並んでいないと、乱反射して、
顔色がくすんでみえてしまうのです。

次に「色素沈着」によるくすみです。
これはほとんどが紫外線によって
シミができ、それが顔のくすみになります。

そして「血行不良」によるくすみです。
血行不良の原因は肩こり、冷え症、
運動不足、ストレス、喫煙などがありますね。
血行が悪くなると顔の血色が悪くなり赤みが消えます。
また、代謝も悪くなりますので
肌のターンオーバーが正常に行われず、
古い角質が蓄積されて、肌がくすみます。

他には「汚れ」によるくすみがあります。
洗顔やクレンジングが十分できておらず、
メイク汚れや皮脂汚れが残っていると、
それが蓄積して毛穴に詰まり、くすみの原因となります。

最後に「老化」によるくすみがあります。
加齢によって肌のターンオーバーサイクルが
徐々に遅れていきます。
そのため皮膚の生まれ変わりが
上手く行かず、古い角質が残り、
肌色が暗くみえてしまうのです。

このように、顔色が悪くなる原因は
くすみと関係があるのですね。
くすみにもたくさんの原因があるので
それぞれの原因を解決するといいです。

そしてどんなくすみでもキメを細かくして
美白して透明感がある肌に改善するので
口コミでも評価が高いのが二十年ほいっぷです。
二十年ほいっぷの口コミ
保存料も着色料も防腐剤も無添加
安心材料から出来ているのも人気です。
敏感肌でも使えますし
全身の美白にも使えるのが二十年ほいっぷです。
くすみ用洗顔石けん『二十年ほいっぷ』

関連記事: