顔色が悪いのを改善する方法

顔色が悪いと化粧ノリが悪くなりますし、
疲れた表情に見えてしまい、
気になりますよね。

では、どんなときに顔色が悪くなるのでしょうか。

まず、血行が悪い時には青白い顔色になります。
また、リンパの流れが悪いときや
紫外線により、茶色っぽい顔色になります。
貧血傾向の方や肝機能が低下している方は
黄色っぽい顔色になります。
ニキビ跡のある方や敏感肌でもともと
皮膚が薄い方は赤ら顔になりやすいです。

このように顔色が悪いと一口に言っても、
原因は様々ですので、
改善する方法も各々変わって来ますね。
それでは、顔色が悪い時の改善方法を
顔色別にご紹介していきましょう。

1 青白い顔
青白い顔は、血流が滞っているためです。
貧血の可能性も高いです。
肩こりや冷え、ストレスなどを、
ストレッチや入浴で解消し、
鉄分の多い食材を摂り
睡眠も十分にとることで改善していきましょう。

2 茶色っぽい顔
茶色っぽい顔色は紫外線による刺激で
メラニン色素が過剰に生成され
それがターンオーバーで排出しきれずに蓄積し、
色素沈着をおこしてしまうことが原因です。
紫外線予防を十分に行うことと、美白ケアとして、
ビタミンCを内側からも外側からも補うことで改善していきます。

ビタミンCが多いキウイとか
トマトや緑黄色野菜など食べるといいですね。

★美白スキンケアでは
例えば美白に良いビタミンC誘導体や
漂白型美白成分のハイドロキノンなどが入っているのが
ビーグレンの美白セットです。
公式サイト→美白
私が実際にホクロやシミが薄くなった体験記事はこちらです。
ビーグレン 美白セットの体験

3 黄色っぽい顔
黄色っぽい顔の方は、
肝機能が低下している場合があります。
飲酒などで心当たりのある場合
一度受診した方が良いです。

その他の場合は、消化機能が低下していて
栄養の吸収力が落ちているためや、
貧血による場合がほとんどですので、
鉄分の多いひじきやレバー
青魚、ほうれん草などを積極的に摂取して
食生活を改善しましょう。

また便秘を解消し腸内環境を良くすることで
消化機能も改善されますので食物繊維の多い
海草類やヨーグルトで善玉菌を増やしましょう。
腸内環境をよくする方法

4 赤ら顔
赤ら顔の場合は肌のバリア機能が低下しており、
角質層にある天然保湿因子であるセラミドが
不足することによって乾燥し、
ニキビができてしまうのです。

大人ニキビの原因はほとんどが乾燥ですので、
ニキビケアと乾燥予防
保湿ダブルケアをしっかりすることです。

赤ら顔の方で、こういったスキンケアでも
改善しない場合は心疾患が隠れている場合もあります。
顔色以外で体調不良などを感じられる場合は一度受診しましょう。

★今、私が毎日愛用中のリプロスキンは
茶色っぽい顔や赤ら顔にぴったりな柔軟型化粧水です。

美白や保湿によい水溶性プラセンタエキスに
炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kが入っていて
他にも低分子コラーゲン、低分子ヒアルロン酸、
アロエエキス、酵母エキス、ゼニアオイエキス
イソフラボン、米ぬかエキス等々美白や
美容成分がたっぷり含まれています。

ニキビ跡の黒ずみや赤みや色素沈着を改善する
美白と保湿に良い化粧水です。
リプロスキンでニキビ跡が薄くなって美白
使い心地と美白効果が高いので気に入っています。

★そしてどのタイプの場合の顔色の悪さも
保存料も着色料も防腐剤も無添加
安心材料から出来ているくすみ専用洗顔石けんの
二十年ほいっぷで洗顔すると明るい顔色になって
キメが細かくなりますから顔色改善にもぴったりです。
くすみ用洗顔石けん『二十年ほいっぷ』

関連記事: