赤ら顔と改善方法は?

赤ら顔の原因は毛細血管が拡張するためといわれており、
毛細血管拡張症といいます。

もう少し詳しく説明すると、
赤ら顔は毛細血管が拡張し、皮膚の表面近くに
血液が滞ってしまうために赤く見えるのです。

普段赤ら顔にならない方でも、
部屋の室温と外気温寒暖差でも
赤ら顔になることがありますよね。
これは、急激な温度の変化によって
血液が滞ることで生じます。

赤ら顔の原因は毛細血管の拡張ですが、
では毛細血管が拡張する原因は一体なんなのでしょうか。
それは、皮膚の薄さ、紫外線、
脂漏性皮膚炎によるもの(ニキビの炎症など)、
アルコールや刺激物の摂取、
ステロイド剤の過剰使用などがあります。

このようにいくつかの原因があるので、
赤ら顔の真の原因は何なのかをまず知ることです。
原因によってどんなスキンケアや
サプリメントを摂取すれば効果的かがわかりますね。

では改善方法をご紹介していきましょう。

アルコールや刺激物(香辛料)などの
摂取での赤ら顔は、摂取を控えることで
徐々に改善します。

ステロイド剤の使用の場合は、
長期連用をしていると急な使用中止でリバウンドが
起こる場合があります。自己流のケアは避けて、
皮膚科クリニックを受診することをおすすめします。

皮膚科では脱ステロイド療法や
レーザー治療なども相談にのってくれます。

皮膚の薄さですが、これは
肌がデリケートな方だということですので、
肌を強くすることや
肌を痛めないようにすることがポイントです。

肌の水分を奪わないように保湿をしっかりすること、
肌バリアを強くするために、
コラーゲンやビタミンC誘導体、
セラミド、アミノ酸などの補給をしましょう。

他にも、ビタミンKの摂取も期待出来ます。
ビタミンKは血行を促進し、
赤みを改善し血液の循環を良くしてくれます。

紫外線は、活性酸素の活動を活発にし、
肌の酸化、乾燥をもたらします。

その結果、皮膚が老化し、
毛細血管が拡張しやすくなります。
改善方法は、日焼け対策をすること、
ビタミンCやビタミンKなどの
抗酸化作用のあるビタミンを
補給することなどがあります。

最後に脂漏性皮膚炎の場合の
改善方法ですが、ニキビ体質の方は、
遺伝もあるので改善に時間がかかります。

しかし、脂っこい食事やアルコールを避け、
ニキビに効果的なビタミンB2や
ビタミンB6、そして美白効果のあるビタミンC誘導体を
積極的に取り入れ皮脂の酸化と
ニキビの炎症を改善していくことで、
周辺の皮膚にまで及んだ赤みがおさまっていきます。

★今、私が毎日愛用中のリプロスキンは
ニキビ跡の赤ら顔にも効果的です。

美白や保湿によい水溶性プラセンタエキスに
炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kが入っていて
他にも低分子コラーゲン、低分子ヒアルロン酸、
アロエエキス、酵母エキス、ゼニアオイエキス
イソフラボン、米ぬかエキス等々美白や
美容成分のオンパレードだからです。

ニキビ跡の黒ずみや赤みや色素沈着を改善する美白と保湿に良い化粧水です。
リプロスキンはニキビケアだけでなく、しみ・くすみ改善

使い心地と美白効果が高いので気に入っています。

ニキビ跡ではないアトピーや敏感肌での赤ら顔には、ウルウ(ULU)や白漢 しろ彩(はっかんしろさい)が口コミでも人気です。

このふたつの違いは、こちらの比較記事をじっくりどうぞ。
白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とウルウの違いと選び方のコツ

赤ら顔改善にも有効なものから紹介しました。
自分にぴったりなものを選んでください。

継続がコツですよ。

さらに改善したいときは赤ら顔ケアにぴったりなサプリをどうぞ

赤ら顔ケアも、外側からばかりではうまくいかないことも多いですね。

そんな時は、LFK乳酸菌サプリのカルグルトを飲むといいです。

赤ら顔ケアサプリメントとしてカルグルトは口コミ評価も高いです。

腸内改善をしながら赤ら顔ケアを積極的にサポートします。
公式サイト↓
カルグルト

関連記事: