脱毛と色素沈着の関係

今の時期はムダ毛が気になりますよね。
ムダ毛の処理は自分でされる方も多いですが、
エステやクリニックでのレーザー脱毛などを
される方も多いと思います。

しかし、この脱毛やムダ毛処理は、
ケアを怠ると色素沈着を起こしてしまうのです。
今回は脱毛と色素沈着についてです。

まずは、自分でムダ毛を処理する場合ですが、
毛抜きで毛を抜く方法、カミソリで剃る方法、
除毛クリームや除毛テープなどがありますね。

この中では毛抜きによる方法がもっともダメな方法です。
毛穴周辺の皮膚まで傷をつけてしまい、
その傷が原因で炎症を起こします。

また、紫外線という物理的刺激によって、
毛穴周辺の傷と毛の抜けた毛穴が
黒ずみ、色素沈着を起こしてしまいます。
毛抜きほどではなくとも、カミソリ、
除毛クリーム・テープも皮膚を傷つけます。

次にレーザー等の脱毛ですが、
これも、毛根にレーザーを当てるので、熱が発生します。
その熱により皮膚が乾燥します。
毛は本来、肌を紫外線から守る働きをしているので、
脱毛により、毛穴がポッカリ開いてしまいますよね。
それをそのままにしておくと
紫外線によって色素沈着ができやすくなるのです。

ムダ毛の自己処理とレーザー脱毛、
いずれにしても、脱毛は皮膚を傷つける行為
あることは間違いありません。

しかし、やはり身だしなみの一つとして
綺麗にしておきたいものですよね。

色素沈着しにくいお肌に優しい
脱毛方法を選ぶとよいです。
自宅で簡単に抑毛できるのが
コントロールジェルMeを塗る方法です。
美白効果や保湿効果もあるので気長に
塗り続けると次第に毛が薄く細くなって
きれいになりやすいです。

他には、20才以上でしたら
脱毛サロンのミュゼプラチナムでプロの手で脱毛してもらうのも良いです。
脱毛後にプラセンタエキス入りの保湿ジェル
無料で塗ってくれますから美白や美肌効果があるので
黒ずみも薄くなって新たに黒ずまないのも安心です。

その他の脱毛方法の場合は、脱毛後のケアを
絶対に怠らないことが重要です。

脱毛後には冷やすこと、
皮膚を乾燥させないために保湿をしっかりすること
そして外出時には必ず日焼け止めを
しっかり塗るようにしましょう。

★例えば私が日頃愛用している日焼け止めは
石けんで洗い落とせる無添加のミネラルファンデーションです。
UVカット効果もSPF25でPA++なので日焼け止めにも
なりますし肌をナチュラルに綺麗にカバーしてくれます。
ニキビ肌でも乾燥肌でも使えるのでお気に入りです。

他にはアウトドアで手足に塗る必要があるときや、
顔の下地には、無添加で石けんで洗い流せる
SPF25でPA++のママバターUVケアクリームを塗っています。

すでに色素沈着してしまった場合には
美白ケアをするといいです。

★体の脱毛後の色素沈着による黒ずみや
赤みが出ているときは、
イルコルポの美白ジェル
全身美白をするのも良いです。

★顔の場合の色素沈着改善には
リプロスキンも、美白効果が高く役立ちます。
美白や保湿によい水溶性プラセンタエキスに
炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kが入っていて
他にも低分子コラーゲン、低分子ヒアルロン酸、
アロエエキス、酵母エキス、ゼニアオイエキス
イソフラボン、米ぬかエキス等々美白や
美容成分のオンパレードだからです。
ニキビ跡の黒ずみや赤みや色素沈着を改善する
美白と保湿に良い化粧水です。
リプロスキンでニキビ跡が薄くなって美白
使い心地と美白効果が高いので気に入っています。

美白化粧品以外でも無添加で優良な
化粧品を選ぶことが大事です。
トラブル肌に良い具体的な無添加化粧品は?

関連記事: