美白化粧品の効果と正しい使い方

美白化粧品の効果と正しい使い方についてです。

化粧水から美容液、下地クリームに
ファンデーションと、「美白」と
名のつく化粧品は数多く出回っています。

ユーザーのイメージとしては「美白」と
あると、肌を白くしてくれる、
シミが消える、肌に透明感がもたらされる
といったことを期待してしまいがちですが
美白化粧品とは直接肌を白くするの
ではなくメラニン色素を
できにくくするもの
です。

メラニン色素は肌に何かの刺激が
あったときに肌を守ろうとして
生成されるものです。

そしてその色素が沈着して
シミ・そばかすなどができます。

美白化粧品は、紫外線などによる
メラニン色素の生成を抑え、
日焼けによるシミ・そばかすを
防ぐことが本来の目的です。

メラニンが過剰に作られないように
コントロールして、肌の色素沈着を
防ぐのが「美白化粧品」なのです。

ですから夏限定で美白化粧品を使うとか、
日焼けしたから美白化粧品を使う
といった使い方ではなかなか
美白化粧品の効果を実感することが
できないのです。

季節によって量の違いがありますが、
紫外線は毎日浴びているので
肌内部のメラニンは季節を問わず
活動しています。

つまり、美白ケアの基本は
季節限定ではなく毎日続けることなのです。

できてしまったシミをなんとかするのは
時間も手間もかかるので、
シミ・そばかすの予防に美白化粧品
毎日利用するのが正しいケアと
言えるのです。

最近の美白化粧品はメラニンの生成を
抑えるだけでなく、メラニンが
表皮にとどまって沈着しないように
肌のターンオーバーを促すなどの
効果が期待できます。

肌のターンオーバーを促してくれる
美白化粧品とは、肌の奥まで
保湿成分や美容成分が浸透する
タイプのものです。

肌が乾燥していると肌のバリア機能が
低下するので刺激を受けやすくなり、
ダメージを受けやすくなります。

このような状態では、いくら
美白化粧品を使っても肌の奥まで
浸透せずに効果もあまり
期待できないため、美白化粧品も
どれを選ぶかがポイントになってきます。

肌の奥まで成分が浸透して
保湿・美白効果のあるもので
おすすめなのが、柔軟型化粧水
リプロスキンです。

リプロスキンは肌を柔らかくして
美容成分を浸透しやすくする作用に優れています。

シミなどができている皮膚は
他の部分よりも硬化しているので、
そこを柔らかくして奥までしっかり
保湿・美白成分を浸透させてくれます。

美白や保湿によい水溶性プラセンタエキスに
炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kが
配合されており、低分子コラーゲン、
低分子ヒアルロン酸、アロエエキス、
酵母エキス、ゼニアオイエキス
イソフラボン、米ぬかエキスなどの、
美白・保湿・美容成分が凝縮されています。

使い心地と美白効果が高く、また
他のスキンケアの吸収も高めてくれます。
洗顔後、最初にリプロスキンを使ってから
手持ちのスキンケア商品でケアしていくのが
効果的な使い方です。

メラニン生成を抑えて肌の新陳代謝が
よくなるので透明感のある肌に近づけます。
体験→リプロスキンでニキビ跡が薄くなって美白

関連記事: