美白ケアで秋に徹底したいポイント

美白ケアで秋に徹底したいポイントについてです。

最近の女性は、紫外線対策や美白ケアには余念がありません。

とくに強い紫外線が降り注ぐ夏には、気合を入れて徹底するようになってきました。

ところが、万全にケアしていたつもりでも、夏が終わって秋の気配を感じるようになる頃にはうっすら日焼けしていたりシミが新たにできていたりするものです。

こうなるとがっかりしてしまいますが、美白ケアについては、実は夏より秋に力を入れたほうが効果を実感しやすくなっています。

というか、夏に美白化粧品で集中ケアをしていると紫外線から肌を守るためのメラニン生成が抑制されてしまうので、逆に紫外線の刺激を受けやすくなって美白にとってはマイナスになってしまいます。

夏はとにかく紫外線対策に重点を置いて乗り切ることがポイントで、美白ケアは紫外線が弱くなってきた秋から本格的にスタートさせるのが効果的ということを覚えておくといいですよ。

秋は夏に受けたダメージを補修するチャンスとして、攻めの美白スキンケアを実行できる時期なのです。

では、秋の美白ケアのポイントですが、まずは夏に受けたダメージ肌から早く脱却して健康な肌を取り戻すところからスタートします。

そのためには肌のターンオーバーが正常に機能するように保湿ケアをしっかりすることが大切です。

そして美白ケアについては、肌の状態によって少し違ってきます。

まず、夏の紫外線によるダメージは受けているけど新たなシミはできなかった、という肌にはアルブチンやコウジ酸、トラネキサム酸、エラグ酸などの美白成分でシミの予防に力を入れます。

一方、残念なことに新たなシミができてしまった、という肌にはビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白成分でシミを薄くするケアをメインとします。

そしてどちらのタイプの肌にもおすすめできるのは、まずは無添加洗顔料の二十年ほいっぷでのお手入れ。

保湿しながらくすみを消して美白効果のある二十年ほいっぷで毎日洗顔しましょう。

敏感肌やアトピー肌の人でも安心して使えますし、くすみが消えてワントーン明るい肌になれますよ。

私も毎日使ってくすみも消えて色白肌になっています^^
乳首やVIOラインやお尻や手足や首などくすみやシミ、黒ずみが気になる場所も洗っていますよ。
レビュー→くすみを消す二十年ほいっぷの効果

顔だけでなく全身の美白に使えます。
公式サイト→くすみ用洗顔石けん『二十年ほいっぷ』

そして、シミが出来てしまった人は、その洗顔後に美白成分の入った美容液などで攻めの美白ケアをしていきます。

安定型ハイドロキノンなど美白ケアの頼りになるビーグレンの美白セットがおすすめです。

QuSome®化ビタミンCやQuSome®化アルブチンも含みますから、美白効果が高いです。

私も、ビーグレン美白セットの集中ケアを3ヶ月くらいしたら、ホクロのシミまで薄くなった経験がありますよ。
公式サイト→美白

並行して、美白によいビタミンCを含んだ野菜や果物を積極的に摂るようにしましょう。

秋は美味しい果物もいろいろですね。
0-98

サプリメントやビタミン剤も上手に利用するといいですし、美白医薬品のロスミンローヤルといった美白に加えてシミや小じわにも効果があるスグレモノもあります。

内側からも美白ケアをさらに徹底したいという人は、一度試してみるのもいいかもしれません。
私も毎日飲んで、シミが薄くなって明るい肌になってきていますよ。
公式サイト→シワ・しみに飲んで効く医薬品【ロスミンローヤル】
rosuminkounou

関連記事: