美白に良い成分の種類と効果

美白に良い成分の種類と効果についてです。

化粧品は医薬部外品の扱いになりますが、
管轄は厚生労働省です。

厚生労働省が医薬部外品の「美白有効成分」として認可し、
化粧品に配合することが許されると、
皮膚に使用しても安全性が高く効果もあると
認められたことになり、
商品に「美白効果あり」と謳えることになります。

そういった、厚生労働省お墨付きの
美白に良い成分は何種類くらいあるのか、
またその効果はどのようなものかを以下にご紹介します。

ビタミンC誘導体
美白商品にはおなじみのビタミンC誘導体は、
刺激が少なく安全性が高い成分です。
チロシナーゼを抑制する働きと
抗酸化作用がありシミに効果的です。

リノール酸
食品にも含まれる不飽和脂肪酸の一種です。
メラニン色素の生成抑制効果、
チロシナーゼ分解促進作用により
シミ、日焼け等を防ぎます。

ルシノール
モミという植物に含まれる美白成分です。
チロシンとチロシナーゼを阻害する働きにより、
シミを防ぎます。

アルブチン(βアルブチン)>
メラニン生成を阻害する働きがあります。
コケモモなどに多く含まれる成分です。

カモミラET
カモミールから抽出され、抗炎症作用をもちます。

エラグ酸
イチゴなどに多く含まれる成分で、抗酸化作用が高いです。

プラセンタエキス
動物の胎盤エキスで、メラニン生成を抑制する効果があります。

マグノリグナン
植物に含まれる天然化合物をもとに生成された成分です。
メラニン生成を抑制する働きがあります。

トラネキサム酸
チロシナーゼの抑制、メラノサイトの活性化を抑制します。

コウジ酸
麹の菌から抽出された成分で、チロシナーゼの働きを抑えます。

エナジーシグナルAMP
アデノシン−リン酸ナトリウムOTが正式名で、
ターンオーバーを促進します。

Dメラノ
メラニン生成の指令を阻止します。

ニコチン酸アミド
水溶性ビタミンで、メラニン色素が表皮の細胞に行くのを抑制します。

t-AMCHA
t-シクロアミノ酸誘導体が正式名で、
抗炎症作用によりニキビ後の色素沈着に効果的です。

トラネキサム酸セチル塩基塩(TXC)
肝斑に対して最も有効な成分で、メラニン色素の発生抑制をします。

ロドデノール
チロシナーゼ活性を阻害し、メラニン生成を抑制、
さらに黒色メラニンを減少させる働きがあります。
カネボウブランシールをはじめ、
最近リコールのあった製品に含まれている成分です。

以上、いろいろありますね。

★今、私が毎日愛用中のリプロスキンは
美白や保湿によい水溶性プラセンタエキスに
炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kが入っていて
他にも低分子コラーゲン、低分子ヒアルロン酸、
アロエエキス、酵母エキス、ゼニアオイエキス
イソフラボン、米ぬかエキス等々美白や
美容成分のオンパレードです。
ニキビ跡の黒ずみや赤みや色素沈着を改善する
美白と保湿に良い化粧水です。
リプロスキンはニキビケアだけでなく、しみ・くすみ改善
使い心地と美白効果が高いので気に入っています。

★美白に良いビタミンC誘導体や漂白型美白成分の
ハイドロキノンなどが入っているのが
ビーグレンの美白セットです。
私が実際にホクロやシミが薄くなった体験記事はこちらです。
ビーグレン 美白セットの体験

★オールインワンタイプの無添加の
美白と保湿に良い化粧品は
HANAムーンナイトミルクです。
公式サイト→100%天然・濃縮ローズ美容液

ローズポリフェノールや
ローズプラセンタなどローズの
美白成分を豊富に含むので
美白と保湿効果が高いと人気
オールインワン美容液です。
ローズエキスの無添加オールインワン化粧品で潤う美白肌

他にも美白化粧品はいろいろありますが
顔に使うお気に入りのものから3種類選んでみました。
自分にぴったりな美白化粧品を選ぶといいです。

美白化粧品以外でも無添加で優良な
化粧品を選ぶことが大事です。
トラブル肌に良い具体的な無添加化粧品は?

関連記事: