美白になる食材や食事法

今回は、美白そして健康的な肌を保つための
食材や食事法をご紹介します。

色白の美白肌になるためには、
美白に必要な栄養素をバランス良く
毎日摂取することが必要です。

それでは、美白にはどのような
栄養素が必要なのでしょうか?

1 ビタミンA(βカロテン)
肌の潤いと新陳代謝を高め、抗酸化作用があります。
ちなみにβカロテンは体内でビタミンAに変換される物質です。
ビタミンAは、うなぎ、レバー、卵に多く含まれ
βカロテンは、ニンジン、カボチャなどに多く含まれます。
kabotya

2 ビタミンB群(B2、B6)
皮膚の粘膜の修復、保護、肌荒れに効果があります。
豚肉、納豆、牛乳、玄米などに多く含まれます。

3 ビタミンC
美白に最も有効なビタミンです。
抗酸化作用がありシミ改善に期待出来ます。
柑橘類、イチゴ、ピーマン、
ブロッコリーなどに多く含まれます。

4 ビタミンE
ビタミンA、Cとともに抗酸化作用があり
シミ、しわを防ぎます。
玄米、オリーブオイル、ごま、
アーモンドなどに多く含まれます。

5 亜鉛と鉄
特に美白には亜鉛と鉄分が重要です。
鉄分は肌のくすみを改善し顔色をよくします。
ひじき、しじみ、レバーに多く含まれます。
亜鉛は新陳代謝に関与します。
小じわやシミの予防におすすめです。
牡蠣、ごま、大豆に多く含まれます。

6 アミノ酸
肌のハリや保水力に必要な
コラーゲンの生成に必要不可欠です。
ビタミンCと一緒に摂ることでコラーゲン生成を促します。
アミノ酸はタンパク質のもとですので、
良質なタンパク質をしっかり摂取しましょう。

7 リコピン
抗酸化作用があります。
トマト、スイカに多く含まれます。
ちなみにミニトマトの方が
リコピンがたくさん含まれていますよ。

8 ポリフェノール
同じく抗酸化作用があり、ワイン、緑茶、
ブルーベリーなどに
多く含まれます。

次にこれら美白に良いとされる栄養素を
効率良く吸収させるための食事法を
ご紹介しましょう。

まず、ビタミン類は、熱に弱い性質があります。
特に水溶性ビタミンであるビタミンB、Cは
熱により80〜100%、つまりほとんどが破壊されてしまいます。
ですので、生で食べられるサラダやフルーツで摂取しましょう。

しかし、全部が弱いわけではなく、
ビタミンCでも比較的熱に強いものもあります
ジャガイモ、サツマイモ、ブロッコリー、ピーマンです。
これらの食材であれば、加熱調理しても
ビタミンCの損失は少ないですよ。

脂溶性ビタミンのA、E、は
水溶性ビタミンよりは熱に比較的強いですが
加熱により約50%前後は破壊されてしまいますので、
調理法に注意し、摂取しましょう。

しかし、ビタミンAの前駆体であるβカロテンは、
加熱による損失が30%と少なめですので、
βカロテンの多い食材で調理することがおすすめです。

抗酸化作用のあるリコピンは
油に溶けやすく熱に非常に強い性質をもっていますので
炒める、煮込むなどの調理法でも
栄養素の損失が少なく、むしろ吸収力が高まりますよ。

また、同じく抗酸化作用のある
ポリフェノールは、熱に強く水溶性です。
摂取後30分で吸収され
2時間でその効果がなくなりますので、
こまめに摂取しましょう。

★好き嫌いが多かったり
不規則な生活でなかなか必要なビタミンや
ミネラルが摂れない場合は
優光泉酵素ドリンクを飲むといいです。
私の体験談はこちらです。
優光泉酵素ドリンクが美味しくてダイエットで美肌になった
ビタミン、ミネラルが補給できますから
美白肌効果もありますしダイエット効果や
健康増進効果もあります。
完全無添加の酵素ドリンク「優光泉」

関連記事: