紫外線と色素沈着の関係の光老化

一般的に美容関連の意味で捉えられる
シミと言えば「老人性色素斑」のことで、
色素沈着と言えば「炎症性色素沈着(ニキビ跡)」のことだと
思われがちです。

しかし、医学的にはシミの種類はたくさんあり、
シミは色素沈着のことなのです。
そしてシミ・色素沈着の正体はメラニン色素です。

では、皮膚(表皮)にメラニン色素が残ってしまい、
色素沈着を起こしいわゆる「シミ」になるのは
どうしてでしょうか。

それは皮膚が紫外線などの
物理的な刺激を受けることにより、
皮膚の基底層にあるメラノサイトが活性化し、
チロシナーゼという酵素を活性化させます。

チロシナーゼはアミノ酸のチロシンという物質を
メラニン色素に変化させるのです。

このメラニン色素は普通ならばターンオーバーによって
老廃物とともに排出されていきますが、
ターンオーバーの乱れや角化異常が原因で
皮膚に残ってしまうことがあります。
これが、シミ・色素沈着になるのです。

つまり、色素沈着とはほとんど紫外線の影響と、
加齢などによるターンオーバーの異常で
起こるということになります。

加齢についてはまた別の項目でご紹介していますので、
こちらでは紫外線についてもう少し詳しく解説しましょう。

紫外線は「Ultravioletrays」と英語で表記され、
これを略してUVと呼びますね。
UVにはUVA、UVB、UVC波の3種類の
異なる波長の光線が含まれます。

その中でも肌が黒くなる日焼け(サンタン)を
引き起こす「UVA」が、シミ・しわに大きくかかわっており、
最近ではこの紫外線と色素沈着(シミ)の関係性は
「光老化」と言われ、以前より研究も盛んになってきています。

波長が長いUVAは肌の奥まで到達しじわじわと影響を及ぼします。
また、曇りの日でも、ガラス越しでも通過するのがUVAの特徴です。

そのため、色素沈着だけでなく、
肌の奥の組織までじわじわ届き、
コラーゲンを変性させ、しわの原因になります。

また、自然な老化と違って光老化は
すぐに変化が現れるのではなく、
蓄積されていき徐々に肌に影響が出てくるのです。

例えば紫外線が直接当たらないお尻やお腹と、
手や腕では肌質やしみたるみの発生具合が違いますね。

これが紫外線による自然老化と光老化の違いです。
手や腕の方がシミが多く、ごわつきのある肌なはずです。

紫外線は、長期間かつ多量に浴びることで
細胞を傷つけ、継続的に
メラニン色素を作り、色素を沈着させます。

紫外線の長期の蓄積が原因ですので、
一年中、曇りの日でもガラス越しでも
紫外線対策は必要なのです。

帽子や日傘やお肌に優しい日焼け止めが必須です。
bousitosyoujyo-480x374-150x150

★私が紫外線対策で日頃愛用している日焼け止めは
石けんで洗い落とせる無添加のミネラルファンデーションです。
UVカット効果もSPF25でPA++なので日焼け止めにも
なりますし肌をナチュラルに綺麗にカバーしてくれます。
ニキビ肌でも乾燥肌でも使えるのでお気に入りです。
公式サイト→【ミネラルファンデーションお試し3点セット】

あとはアウトドアで手足に塗る必要があるときや、
顔の下地には、無添加で石けんで洗い流せる
SPF25でPA++のママバターUVケアクリーム
塗っています。

そして日焼け止めをしっかり使った後は
綺麗に落として無添加でお肌に優しい
保湿スキンケアをしっかりすることが大事です。
日焼け後などトラブル肌等に良い無添加の化粧品の
具体例はこちらを参考にどうぞ。
トラブル肌に良い具体的な無添加化粧品は?

関連記事: