目の下のクマを薄くする方法

目の下にクマが出来ると、
疲れた顔に見えますし、
年齢を感じさせてしまいますから
気になりますよね。

目の下のクマが目立つのは何故でしょうか、
またどうして出来るのでしょう。
その理由を解説しクマを薄くする方法を
ご紹介したいと思います。

目の下のクマの原因は、
疲労、ストレス、睡眠不足
血行不良、老化によるものですが、
そもそも目の下の皮膚は
他の部分と比べて非常に薄いのです。

ちなみに一般的な皮膚の厚さは約2mmですが、
目の下は0.6mmしかないのですよ。

そのため、血行不良などによって
うっ血すると薄い皮膚から
血管が透けて見えるので黒ずんで見えるわけです。

また色素沈着や、目元の小ジワも
皮膚が薄いためにできやすく、
クマとして目立ちやすいのです。

また、クマにも3種類ほど色があります。
黒いクマ、青いクマ、茶色いクマがあります。

黒いクマは、老化による
たるみやむくみが原因です。

解消法は、たるみ改善のために、
頬や目元のストレッチやマッサージで
筋力をアップさせること、
コラーゲンの生成を促進させるために
ビタミンCを積極的に摂ること、
耳の下のマッサージでリンパの流れをよくし、
むくみを改善し老廃物を排出しやすくすることです。

青いクマの解消法は血行不良が原因ですから、
黒いクマ改善法と同様に
首や鎖骨周辺のリンパの流れをよくする
マッサージや、肩こりを改善することです。

また、入浴後の温冷タオル法もおすすめです。
蒸しタオルを目の上に置いて10秒温め、
次に冷タオルで10秒冷やすということを
3〜4回繰り返しましょう。

茶色いクマは、紫外線などによる色素沈着です。
その色素沈着が連なってクマに見えるのです。

解消法はシミ対策と同じで
浸透しやすいビタミンC配合美容液などで
目元パックをすること、
紫外線対策をすることなどがあります。

また、色素沈着の場合、他のクマと
違って厄介で改善に時間がかかりますので、
美白ケアをしながら普段はメイクで
隠すという方法もあります。
黄色系のコンシーラーを使うと
自然な顔色に補正できるのでおすすめです。

★なお、どの場合の目の下のクマでも
目立たなくして顔のくすみをとって
美白する無添加石鹸は二十年ほいっぷです。
二十年ほいっぷの口コミ
二十年ほいっぷは美容のプロが選ぶ
注目のくすみ用アイテムNO.1と
専門家の評価もすごく高く
保湿効果も高く美白成分のホエイも豊富です。
詳しくはこちらをどうぞ。
クマも目立たなくなるので人気です。
くすみ用洗顔石けん『二十年ほいっぷ』

関連記事: