目の下にできる茶クマは改善できる?

目の下にできる茶クマは改善できる?

目の下の茶クマと言われる
薄茶のしみに悩む人は案外多くいます。

一般的には目元の
皮膚が黄色がかっていたり
茶色くくすんで見えるもので、
体調などに左右されることなく
毎日出ているのが茶クマの特徴です。

日によって出たりでなかったり
濃くなったり薄くなったりしている場合は
青クマです。

茶クマの原因は目元の皮膚の
色素沈着ですが、日常の様々な
生活習慣が刺激となって
色素沈着を起こしてしまいます。

たとえばクレンジングや洗顔時の摩擦
肌にあわない化粧品による刺激、
目をこする癖、落としきれていない
アイメイクによる刺激、
紫外線による刺激などの
様々な刺激が原因になっています。

目の周りはとても皮膚が薄くて
柔らかくデリケートな部分なので、
ちょっとした刺激でもダメージが大きいのです。

茶クマを改善するには、
まず色素沈着の原因が何かを振り返って考え、
その原因となるものを排除することが第一です。

その上で美白ケアをしていきます
スキンケアも肌に刺激を与えない
無添加の美白化粧水をセレクトします。

保湿して美白する
柔軟型化粧水リプロスキン
オールインワンで保湿と美白効果が
高いと人気のHANA organicの
ムーンナイトミルクなどが良いです。

リプロスキンは硬くなった
角質を柔らかくして美白成分や
保湿成分が肌の奥まで浸透してくれます
ニキビ跡の黒ずみや赤みや
色素沈着を改善する
美白と保湿に良い化粧水です。
リプロスキンでニキビ跡が薄くなって美白
使い心地と美白効果が高いので気に入っています。

ムーンナイトミルクも美白・保湿効果に
優れていてなおかつオールインワンなので
お手入れも簡単です。
公式サイト→100%天然・濃縮ローズ美容液

ローズポリフェノール
ローズプラセンタなどローズの
美白成分を豊富に含むので
美白と保湿効果が高いと人気
オールインワン美容液です。
ローズエキスの無添加オールインワン化粧品で潤う美白肌

そして茶クマは、肌の新陳代謝が
正常ではないと濃くなっていきますので、
肌のターンオーバーが正常
行われるようにしていくこともポイントです。

肌のターンオーバーはおよそ28日周期と言われていて、
このターンオーバーが何度か繰り返されるうちに
茶クマとなっている沈着したメラニン色素が
排出されて茶クマが改善されていきます。

紫外線などのダメージが加わると
ターンオーバーが正常に行われなくなるので、
日常生活においても肌にやさしくて
SPF25でPA++のママバターUVケアクリームなどで
しっかりUVケアをしましょう。

加齢などによって肌のターンオーバーが
正常に行われなくなっている場合でも、
バランスの良い食事や適度な運動
規則正しい生活によってだいぶ違ってきます。

目元の血流をよくしようと
マッサージするのは
かえって刺激になって逆効果なので、
これはやめましょう。

食事においては抗酸化作用が強い
ビタミンC・Eを多く含む食材
意識して積極的に摂るようにするといいです。

トマト、ブロッコリー、パプリカ
苺、しそ、ホウレンソウ、キウイなどはおすすめです。

また、はちみつや大豆に多く含まれる
アミノ酸の一種であるL-システイン
酵素も、肌代謝(ターンオーバー)を
サポートする有効成分なので、
食事に取り入れる工夫をするとよいでしょう。

しかし、食事が美白や肌の代謝アップに
よいものばかりに偏ってしまっては意味がありません。

食事全体の栄養バランスがとれていないと
意味をなさないので偏りのない食事を心がけましょう。

美白ケアは気長に継続していくことが大切です。
長期戦にはなりますが、毎日の努力は
確実に茶クマを薄く改善していってくれるので、
あきらめずに気長にケアしていきましょう。

関連記事: