日焼け止めをタイプ別に使い分け

日焼け止めをタイプ別に使い分けよう。

日焼け止めには塗るタイプとスプレータイプ、
シートタイプのものがあります。

もっとも一般的なのは乳液やクリームや
ジェルの塗るタイプですが、
スプレータイプやシートタイプも気になりますね。

どのタイプが一番いいのかといった
優劣はないので、お肌に優しくて
使い勝手が良いと感じるものを選ぶのがよいでしょう。

たとえば手を汚さずにいつでも手軽に
使いたいならスプレータイプになりますし、
背中や首の後ろ、耳の裏といった
自分では塗りにくい場所に使いたいなら
シートタイプが便利、となります。

日焼け止め選びで気をつけたいのは
タイプではなくUVカット成分です。

UVカット効果を上げるためには
紫外線吸収剤や紫外線散乱剤など
合成化合物や鉱物由来の成分が使われるので、
肌にとっては負担が大きいのです。

SPF値やPA値が高くなるほど
これらの成分は多く含まれることになりますので、
なんでも数値が高ければよいというわけにはいきません。

また、高い数値の日焼け止めを使っていても
汗などでまだらに落ちてしまうことがありますので、
どちらにしてもこまめに塗り直すことが大切になってきます。

つまり、それほど高い数値でなくても
塗り直すのであれば効果はさして変わりませんし、
肌の負担も少なくてすむのです。

とくに紫外線吸収剤のほうは
肌への負担が大きいので、
できるだけ無添加を選ぶことです。

肌のタイプを考えると、
乾燥肌の人はヒアルロン酸やコラーゲン、
セラミドなどが加わった日焼け止めがおすすめで、
皮脂やニキビが気になる人は
さっぱりと軽いタイプの日焼け止めがおすすめです。

そして敏感肌の人は赤ちゃんや子供でも
安心して使える無添加の低刺激タイプ、
オーガニックタイプを選ぶとよいでしょう

★アトピーで乾燥肌で敏感肌の私が
日頃愛用している日焼け止めは
石けんで洗い落とせる無添加のミネラルファンデーションです。
UVカット効果もSPF25でPA++なので日焼け止めにも
なりますし肌をナチュラルに綺麗にカバーしてくれます。
ニキビ肌でも乾燥肌でも使えるのでお気に入りです。
公式サイト→【ミネラルファンデーションお試し3点セット】

あとはアウトドアで手足に塗る必要があるときや、
顔の下地には、無添加で石けんで洗い流せる
SPF25でPA++のママバターUVケアクリーム
塗っています。
DSC_0570

そして日焼け止めをしっかり使った後は
綺麗に落として無添加でお肌に優しい
保湿スキンケアをしっかりすることが大事です。
日焼け後などトラブル肌等に良い無添加の化粧品の
具体例はこちらを参考にどうぞ。
トラブル肌に良い具体的な無添加化粧品は?

関連記事: