化粧焼けや油焼けは勘違い?

今の時代でも「化粧焼け」あるいは「油焼け」に
悩んでいる人がいるようですが、
それは本当に「化粧焼け」でしょうか?

油分を含む化粧品を使用して紫外線を浴びることで
シミになってしまうことを「化粧焼け」や「油焼け」と言います。

一昔前は化粧品の製造技術が今ほど高くなく、
不純物を含む精製度の低いオイルが化粧品に
使われていたために紫外線によって
不純物が酸化して炎症を起こしたり
それがシミになったりしていたようです。

しかし現在は製造技術が発達して、
不純物を含むオイルを使用するような
化粧品はなくなっています。

つまり、現在において「化粧焼け」と
思われている症状の原因は他にあると考えてよいでしょう。

では原因は何なのかということですが、
これは化粧品が肌に合っていないと
いうことがほとんどなのだそうです。

肌に合っていない化粧品によってかぶれ、
その上に紫外線を浴びて
色素沈着が起きてしまったというわけです。

今は様々な用途別に美容効果の高い
化粧品が充実していますが、それは用途に合わせて
特定の成分を高濃度配合しているということにもなります。

そしてその成分が肌に合わないケースもけっこうあるのです。

肌に合わないものを使用することでかぶれを起こし、
紫外線によって色素沈着、
つまり「化粧焼け」のような症状になってしまうのです。

ですから、肌に合わないと感じた時は
すぐに使用するのをやめることが肝心です。

また、この場合の色素沈着は紫外線対策を徹底し、
肌に合う無添加もしくは低刺激のローションで
しっかり保湿をすることで、少しずつ改善されていきます。
kesyousui

★私が紫外線対策として日頃愛用している日焼け止めは
石けんで洗い落とせるHanaオーガニックUVミルクのウェアルーUVです。です。
UVカット効果もSPF30でPA++で安心です。
ファンデーション不要と言われるくらい肌を明るく見せてカバーします。

なんといっても保湿しながら美容効果も期待できてBBクリームみたいに使えるのが気に入っています。
HANAオーガニックUVミルクはBBクリーム的存在?

ニキビ肌でも乾燥肌でも使えるのでお気に入りです。
公式サイト↓


あとはアウトドアで手足に塗る必要があるときや、
顔の下地には、無添加で石けんで洗い流せる
SPF25でPA++のママバターUVケアクリーム
塗っています。

そして日焼け止めをしっかり使った後は
綺麗に落として無添加でお肌に優しい
保湿スキンケアをしっかりすることが大事です。
日焼け後などトラブル肌等に良い無添加の化粧品の
具体例はこちらを参考にどうぞ。
トラブル肌に良い具体的な無添加化粧品は?

★そして美白効果がある
保存料も着色料も防腐剤も無添加
安心材料から出来ているくすみ専用洗顔石けんの
二十年ほいっぷもお気に入りです。
レビュー記事→くすみ専用の洗顔石けんの二十年ほいっぷの体験
2種類のくすみを改善して
明るい美白肌に導きます。
公式サイト→くすみ用洗顔石けん『二十年ほいっぷ』

関連記事: