二十年ほいっぷの歴史

二十年ほいっぷの歴史についてです。

二十年ほいっぷは長い年月をかけて開発された歴史があります。

北の快適工房にて、商品開発担当の一之瀬さんが
肌のくすみについて研究し始めたところから始まります。

一之瀬さんの研究により、肌のくすみには
「皮脂膜のくすみ」と「角質層のくすみ」の2種類がある事が分かりました

皮脂膜のくすみは皮膚表面についた汚れが原因で、
角質層のくすみは乾燥から潤いを守ろうと
角質層が厚くなり肌の透明感が無くなることが原因です。

二十年ほいっぷは、この2つのくすみを
解決するための効果を重視して開発されました。

石鹸の洗浄力が強すぎると角質層のくすみが解決できず、
潤いを残す石鹸では汚れが十分に落ちず皮脂膜のくすみが残る…
この矛盾を解決したのが二十年ほいっぷなのです。

北海道で二十年の歴史をかけて石鹸を研究してきた職人による、
直火釜練り製法が二十年ほいっぷ開発の秘訣です。

2種類のくすみを解決できる石鹸
掛け合わせることができる特殊な製法で、
その技術は非常に手間がかかるそうです。

直火釜練り製法は大量生産ができないため、
ひとつずつ丁寧に手作りされているのも
二十年ほいっぷの特徴です。

長年の研究と歴史があったからこそ、
二十年ほいっぷは「女優ライト肌」の実現も可能になりました!

保存料も着色料も防腐剤も無添加
安心材料から出来ているくすみ専用洗顔石けんが
二十年ほいっぷです。

くすみが消えて明るい美白肌になる
二十年ほいっぷについて詳しくは
販売店の北の快適工房の公式通販サイトをどうぞ
↓    ↓
くすみ用洗顔石けん『二十年ほいっぷ』
二十年ほいっぷ

関連記事: