女性ホルモンとシミの関係

シミの原因の一つに女性ホルモンが
関係しているものがあるんです。

その女性ホルモンが関係する主なシミは肝斑です。
肝斑は誰もができるシミではないのですが、
きっかけはたくさんあります。
妊娠や月経不順など、
女性特有の「ホルモンバランスの乱れ」
引き金になるのです。

女性ホルモンには、
エストロゲン(卵胞ホルモン)と
プロゲステロン(黄体ホルモン)がありますが、
なんと、排卵後に急増するプロゲステロンには、
メラニン色素生成促進の働きがあるのです。
この状態で紫外線を大量に浴びてしまうと、
肝斑に加えて老人性色素斑も出来やすくなります。

また、30代後半になってくると
卵巣機能の衰えによりエストロゲンの
分泌量が減少していきます。
ちなみに40代になると、半分以下になってしまいます。

そしてエストロゲンの減少により、
エストロゲンとプロゲステロンの
バランスが急激に変化し、
肌にしみやしわ、たるみを引き起こし、
更年期障害をもたらすのです。

この対処法は、
ホルモンバランスの状態は
基礎体温をつけて変動チェックすることです。
メラニンが出来やすい「妊娠中」や
「排卵後から生理前」は、
普段以上の紫外線対策をしましょう。

また、シミができてしまったら
美白ケアでしっかりお手入れしましょう。

そして最後に、エストロゲンの減少を
抑えることは難しいので、食事やサプリで
抗酸化作用のあるものを摂って対策をします。

例えば、大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは
女性ホルモン様作用があります。
肌の老化を防ぐ効果があるので、積極的に摂取しましょう。
私も納豆や豆乳などよく飲みますよ。
nattou

★他にはマカ・プラセンタを最近は飲んでいますよ。
マカプラセンタは、マカとプラセンタの
両方のパワーで生理不順や更年期障害を改善して
女性ホルモンのバランスをよくするので
シミの改善にも良いのです。
体験→マカ・プラセンタで更年期障害改善してアンチエイジングで美肌
DSC_0576

関連記事: